ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】ティム・バートン監督の新作映画『Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children(原題)』、最初のトレーラーを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ティム・バートン監督の映画『Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children(原題)』の最初のトレーラーが3月15日(現地時間)に公開された。

ジェーン・ゴールドマン(映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』)が脚本を手掛け、信じられない力を持つ型破りな子供たちのストーリーとなる。原作となったのは、批評家から高い評価を受けた同名の青少年向けベストセラー小説(邦題は『ハヤブサが守る家』)である。

小説のファンがトレーラーを見れば、原作との違いをいくつか発見するだろう。例えば、エマの代わりにオリーブがジェイコブの親友になっていたり、エマが操るものが炎ではなくエアーに変わっていたりする。

映画『ダーク・シャドウ』でバートン監督とタッグを組んだエヴァ・グリーンが、タイトルにもなったミス・ペレグリン役を演じる。彼女は子供たちの暮らす家の家主だ。また、エイサ・バターフィールド(映画『ヒューゴの不思議な発明』、映画『エンダーのゲーム』)が、ウォールズへの旅の途中でミス・ペレグリンや奇妙な子供たちと出会う、普通に見える少年ジェイコブを演じる。

ミス・ペレグリンは「私たちの能力は、外の世界に合わないから、誰にも見つからないこの場所に住んでいるのよ」と、バートン監督ならではの、風変わりでダークな雰囲気が織りなす映像世界で語るが、このユートピアはたくさんのモンスターの脅威にさらされることとなり、ジェイコブは奇妙な子供たちとその居場所を守ろうと行動する。

主なキャストは、エラ・パーネル、アリソン・ジャネイ、キム・ディケンズ、ジュディ・デンチ、ルパート・エヴェレット、サミュエル・L・ジャクソンだ。

バートンが最後に監督した作品は2014年の映画『ビッグ・アイズ』であり、最後にプロデュースを手掛けた作品は、今年後半に公開される映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』だ。

『Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children(原題)』は9月30日(現地時間)に米劇場公開される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP