ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林麻耶のように人生変わる?「嫌われる勇気」抱く5ステップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春のうららかな陽気とは裏腹に、この時期になると妙にブルーな気持ちになったりしませんか? 新年度は、新しい人間関係が始まる時で、心躍る一方、不安な気持ちも大きくなるからに他ならない。

「人間は他人なしに生きられず、どんな種類の悩みにも他人がかかわる。だからこそ、上手に対人関係を築けば人間は幸せに生きられる。そこで必要なのが“嫌われる勇気”なのです」

 そう話すのは、大ベストセラー『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)の著者のひとりで、心理学者の岸見一郎さん。

 オーストリア生まれの心理学者・アルフレッド・アドラーの思想をわかりやすく教える同書は、日本と韓国でともに100万部を売り上げており、あまり本を読まない若い世代を中心に支持され、完結編の『幸せになる勇気』(同)も発売された。

 芸能界にもアドラー信者は多い。ある雑誌の調査で「嫌いな女子アナ1位」になり、ショックで自己嫌悪に陥ったフリーアナウンサーの小林麻耶(36才)は、『嫌われる勇気』で人生が変わり、通しで80回以上読んだと周囲に話しているそうだ。

 レギュラー出演している『バイキング』(フジテレビ系)では、行き遅れたことを逆手にとり、花嫁修業のコーナーをゲット。キッチンで修業する無様な姿に、同性からの好感度が上がった。またこれまで白い目で見られ続けてきたぶりっ子キャラを武器に、今年1月、『ブリカマぶるーす』で歌手デビューを果たした。「(CDの売上枚数は)1000枚。4桁いきたい」と願望を吐露したが、初日売り上げで1200枚を記録したほど人気アナに成長した。

 小林のように人生を変える「嫌われる勇気」を会得するには、以下の5ステップが必要となる。

【1】人の評価を気にしない
「周囲の期待に応えようとするほど、自分の望む人生が送れません。人の評価を気にせず、自らの意志を貫くことが『嫌われる勇気』の第一歩」(岸見さん、「」内以下同)

【2】今の自分を受け入れる
「どこかに優れた“本当の自分”がいて、今の自分は“仮の姿”と思うと人生がつらくなります。今の自分をあるがままに受け入れましょう」

【3】競争をやめる
「勝ち負けで人間関係を判断すると、他人が全部敵になり、常に気の休まらない人生になります。競うことをやめれば負ける不安がなくなり、他人の幸せを素直に喜べるようになります」

【4】怒りに走らない
「怒られた相手は“復讐”の感情を抱きます。よい人間関係を築くため、常に冷静に相手と向き合いましょう」

【5】他人の課題を抱えない
 これはアドラー心理学の肝となる考え。たとえば親が子供に「勉強しなさい」と命じる場合、親は子供の「課題」を抱えることになる。

「勉強せず社会に出て困るのは子供自身であり、親ではありません。子供が勉強するかどうかは、『子供の課題』であり『親の課題』ではない。親が口を出すのは子供のためではなく、究極的には世間体や見栄など自分のためです。アドラーは“自分を変えられるのは、自分しかいない”として、他人の課題を別の人が抱えることを禁じます」

 芸能界でも「嫌われる勇気」をナチュラルに実践し、好感度を上げている人がいる。毒舌キャラで人気の有吉弘行(41才)もその1人。

「有吉さんは人生のどん底を経験して、対人関係のスキルを身につけたのでしょう。彼は嫌われることを恐れない一方、過度に好かれようともしない。他人におもねらず、自分が本当だと思うことや心から楽しいことを自らの責任で口にするから、毒舌でも笑いになる」

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
小林麻耶がアドラーに心酔 『嫌われる勇気』80回読んだ
命を想う温かい気持ちが伝わる14編収録 宮本輝のエッセイ集
アドラー心理学 対人関係の悩みから解放される方法は?

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP