ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタジオアルタ休業 公開生放送減少などTVの危機との指摘も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月31日でスタジオとしての営業を休止することが明らかになったスタジオアルタ。1980年4月にスタジオとして稼働が始まり、『笑っていいとも!』などバラエティーの公開生放送のスタジオとして数多くの歴史を刻んできたが、このほど36年の歴史に幕を閉じることになった。このニュース、単なる一スタジオの営業休止ととらえられているが、「テレビの危機がある」と指摘するのはテレビ解説者の木村隆志氏だ。スタジオアルタ閉鎖から見えてきたテレビ界の現状と課題とは? 木村氏が解説する。

 * * *
『笑っていいとも!』が終了して早2年、やはり「スタジオアルタの休業」というニュースには隔世の感があります。休業に至った理由は、「施設の老朽化」とされていますが、実質的にはテレビ業界を取り巻く変化によるところが大きいでしょう。

 真っ先に挙げられるのは、テレビ番組の制作費削減による影響。各局とも自前のスタジオで撮影を行うことで、設備費、警備費、観覧者対応スタッフの人件費などが削減できます。

 次に考えられるのは、公開生放送の番組が減ったこと。かつてスタジオアルタは、「公開生放送の聖地」と言われ、関東のみならず全国の人々が憧れを抱いていましたが、現在は公開生放送の番組自体がほとんどないのです。

 かつて公開生放送の番組は、熱心なファンが集まって独特のムードを作り、爆発的な盛り上がりを見せる「テレビ番組の華」でした。しかし、最近はかつての『8時ダョ!全員集合』(TBS系)、『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)、『笑っていいとも!』のような「この番組が本当に好き」「ぜひ生で見たい」という熱心なファンのいる番組が少なくなっています。

 生放送の番組自体は増えているものの、報道番組や生活情報番組ばかりで、「何が見られるんだろう」とワクワクさせるタイプのものがありません。『笑っていいとも!』終了後、スタジオアルタをレギュラー使用できる公開生放送の番組がなかったことが、それを証明しています。

 たとえば、『バイキング』(フジテレビ系)は「生激論」企画などで攻めの姿勢を見せていますが、熱心なファンを入れて華々しくやるような内容ではなく、『ヒルナンデス』に至っては生放送なのにVTRがほとんど。コンプライアンス、BPO、ネット批判を気にするあまり、制作側は無難な企画に走り、出演者も無難なコメントに留めがちなため、「何が起きるか分からない」「ドキドキハラハラする」生放送の醍醐味があまりないのです。

 思えば、スタジオアルタの人気に火がついたのは、『笑っていいとも!』の前に放送されていた『笑ってる場合ですよ!』でした。漫才ブームを背景に、ツービート、B&B、紳助・竜介などの人気者がそろい、山田邦子さんやダウンタウンを輩出した『お笑い君こそスターだ!』のようなコンテスト企画や、『勝ち抜きブス合戦』のような驚愕の素人参加企画など、各コーナーが生放送らしいハラハラドキドキであふれていました。『笑っていいとも!グランドフィナーレ』があれほど支持されたのは、そのような生放送らしいハラハラドキドキが詰まっていたからです。

 スタジオアルタに話を戻すと、12時からの『笑っていいとも!』と、13時からの『いただきます』(フジテレビ系)は、観覧者を変えずに続けて生放送していました。そのため、『笑っていいとも!』レギュラーの明石家さんまさんがそのままステージに残って、『いただきます』司会の小堺一機さんと話し出したり、スタッフによるセットチェンジが映ってしまったりなどの臨場感やハプニングがありました。

 そんな公開生放送らしい臨場感やハプニングは、「VTRを流してそれをスタジオで見る」「ワイプ、テロップ、笑い声などの演出を多用する」昨今のバラエティー番組では得られないもの。ステージの上だけで勝負しているから、出演者も観覧者も集中力が上がり、「面白ければ爆笑が巻き起こるし、つまらなければ沈黙されてしまう」という緊張感が生まれるわけです。

 生放送ではなく収録にして観覧者を呼ばなければ、先に挙げた経費削減のほか、個人情報の取り扱い、乱入や暴言などのリスクはありませんが、それを気にするあまり「テレビ番組が無難なものばかりで、どのチャンネルも大差ない」という方向に進んでいるのが気がかりです。スタジオアルタで行われていた公開生放送は、テレビ番組を代表する面白さの1つだっただけに、それが失われてしまうことに危機感を抱かずにはいられません。

 だからこそ3月31日に行われる、「スタジオアルタ最後の公開生放送」には注目しています。番組は、独立局ならではの過激さが売りの『5時に夢中』(MXテレビ)。「現在の生放送番組では最もコアなファンが多い」と言われる番組だけに、ハラハラドキドキのフィナーレを飾ってくれるのではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。さらに、独自のコミュニケーション理論をベースにした人間関係コンサルタントとして、1万人超の対人相談に乗っている。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

【関連記事】
紅白歌合戦 正月特番から大晦日に日程変更された意外な理由
アルタ警備員だった要潤 いいともコーナー出演で芸能界入り
生放送バラエティが難しい理由は多数 そこにタモリの凄さあり

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP