ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】コーラは偶然から生まれた事が判明! まぐれ当たりについて / 理由はいくらでも後付け可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、新たに電子化されたビジネス書の名著、デイル・ドーテン『仕事は楽しいかね?』(きこ書房)を再読した。古い本だが、現代日本社会と舞台設定が似ており、むしろ新鮮だった(読んだのが昔過ぎて内容も忘れていた)。

・いかにしてまぐれの確率を高めるか
この本の面白いところは、株価における「ランダムウォーク理論」をビジネスにも当てはめている点にある。みんな偉そうに理由を後付けするが、全ての成功はまぐれ当たりにすぎない。とにかく試行を続けること。そうすれば神のギフトをモノにできるというのが主題だ。

・コーラが生まれた秘話
例えばジョン・ペンバートンは、薬として開発したシロップを、部下たちがソーダ水で割って旨そうに飲んでいるのを見て、コカ・コーラを生み出した。みんなお世話になっているポスト・イットも偶然の産物である。

・気がつかなかったチャンス
主人公は自分がペンバートンだったらどうするか訊かれて、遊ぶなと部下を叱りつけるでしょうねと答える。読み手としても、これまで気づかずに通り過ぎていったチャンスのことを考え、ドキリとするエピソードである。

・加齢で目減りするチャレンジ精神
私自身の仕事においては、「いかにつくった本(コンテンツ)の読者を増やせるか」が永遠のテーマだ。理論は完成しつつあるが、PRに関する試行をやり尽くせているかというと、まだまだやれることは多いだろう。

https://youtu.be/_mE2lbWsoWc

執筆: 鈴木収春(不明研究室) http://fumeiya.net/

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/03/19/magure/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP