ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃんと一緒に海外バカンス!旅慣れ夫婦の情報収集から準備、現地での過ごし方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私たち夫婦は、お互い旅行先で出会って結婚した旅好き夫婦です。

赤ちゃんにも恵まれ、毎日忙しく楽しく過ごしています。

妊娠前は2人で色々な国を旅してきました。

でも妊娠してからはつわりも酷く、車に乗るだけで吐いちゃったりで遠出できず、

「旅行は子供が無事生まれて落ち着いてからだね」

と2人で話していました。

無事可愛い女の子が生まれ、そろそろ1歳になる頃、

「赤ちゃんも一緒に海外に行きたい!」

私たちは海外旅行の計画を立て始めました。

行き先はタイの南の島にしました。

以前2人でも行った事のある思い出のある島です。

タイなら日本との時差も2時間程度だし、赤ちゃんも時差ぼけせずにすむかな、と。

まずはインターネットで、赤ちゃん連れでの海外旅行の情報収集をしました。

意外と赤ちゃん連れで海外旅行に出かけている方が多く、旅行先での離乳食や、オムツ事情、赤ちゃんの病気などたくさんの情報がありました。

ネットって本当に便利です!

赤ちゃん連れでの旅行で一番心配なのは病気です。

旅行前にかかりつけの小児科に相談し、日本脳炎やB型肝炎などの予防接種を追加で摂取しました。

飛行機での移動も、事前に航空会社に赤ちゃん連れだという事を知らせて、席をベビーバシネット(赤ちゃん用のベッド)を準備してもらったり、チェックインも優先してもらったりしました。

機内での移動中移動中、何回かぐずりかけましたが、オモチャで気を紛らわしたりおやつを与えたりしてギャン泣きはせず…本当に助かりました。

離乳食はベビーフードも利用しつつ、現地での滞在先はホテルではなくキッチン付きのレンタルハウスにしました。

赤ちゃんに手作り離乳食が作れて、また自分たち用にも現地の食材を調達して色々な料理が作れて本当に良かったです。

オムツは日本でいつも使っているメーカーのをある程度持参して、それがなくなったら現地のオムツを購入しました。

娘は南の島の大自然の中でとても元気に、むしろ私たちよりも一番楽しんでいました

それまで人見知りが激しかった性格の娘が、人見知りしないようになったんです!

家族でバカンスを楽しめて本当に良かったです。

赤ちゃん連れの旅行は荷物の量が増えたり、大人だけの旅行よりも大変ですが、それ以上の感動があります!おすすめです。

著者:かな

年齢:30歳

子どもの年齢:1歳3ヶ月

一児の娘を持つ母です。

最近色んな食べ物が食べられるようになって離乳食作りや赤ちゃんも食べられるようなお菓子作りにハマっています。

娘がやんちゃすぎて毎日忙しくて大変ですが、家族3人で毎日楽しんでいます♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

1歳の娘と電車で7時間の旅。寝かせるにも、飽きたときも、覚えたての◯◯◯が有効!
行こうよ家族旅行!育児家事を頑張り妻にプレゼン、現地では子どもからサプライズ!
「旅行中だから」と軽い気持ちで、石垣島の台風の中へ。子連れで遭難しかけパニックに

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP