ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイのビーチリゾート&離島ベスト10

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、気軽に行けるアジアリゾートの地として人気急上昇中のタイ。

そんなタイの魅力と言えばやはりメラルドグリーンに輝く海!そんなきれいなビーチに囲まれながらゆっくりと過ごせば、都会の喧騒など忘れてしまいます。

今回はタイに行ったら必ず行くべき魅力的なビーチの数々をご紹介いたします。

※編集部追記
2016年3月に公開された記事に新たに追記しました。

 

パタヤビーチ

photo by pixta

パタヤビーチは、スワナプーム国際空港やバンコク市内から車で1時間30分の所にある、アクセスの良いビーチです。

バンコクと組み合せて観光する人も多く、「東洋のハワイ」「タイのリビエラ」などと称されることもあります。

目の前には青く透明な海が広がり、リゾート感抜群!もちろん、海水浴やマリンスポーツだって楽しめます。その他にもショッピングやナイトライフなども充実しています。

 

プーケット島

photo by pixta

プーケットは首都バンコクから南に500キロ離れた場所にある、タイで1番大きな島です。

世界有数のリゾート地として知られており、数々の一流リゾートホテルが 集まるビーチリゾート地です。

プーケットには、島内で最も賑やかなパトンビーチや周辺一帯が国立海洋公園として保護されているナイヤンビーチビーチなど、数多くのビーチがあります。

その美しさから「アンダマン海の真珠」と呼ばれることもあるそうです。

 

ホアヒン

photo by pixta

バンコクの南西約200キロメートルの場所に位置するホアヒンは、タイ在住の日本人やバンコクのタイ人の週末リゾートとして人気の場所です。

治安も良く、古くから王室の保養地として利用されてきた優雅なリゾート地です。

ホアヒンビーチは、原則としてエンジン付きマリンスポーツが禁止されています。ですから他の人気リゾートと比べ騒音もなく、リラックスできる場所として訪れる人が多いといいます。

 

パンガン島

photo by pixta

大小約40のビーチで構成されているパンガン島。パンガン島のハードリン・ビーチと言えば、あの世界三大レイブ「フルムーンパーティー」の会場として有名な場所です。

フルムーンパーティーは、その名の通り毎月満月の夜に開かれます。R&Bやハウスなど様々な音楽が流れ、世界中からパーティーピーポーが集まり盛り上がります。

その他にも、ファミリーやカップルにおすすめの場所として、静かで美しいハード・ヤオなどがあります。

 

ピピ島

photo by pixta

映画「ザ ビーチ」の舞台となったことでも知られるピピ島は、プーケットから東に45kmの位置にあるアンダマン海上に浮かぶクラビ県に属する島です。

ピピは、メインの島であるピピドン島、映画の舞台となったピピレイ島など、6つの島からなっています。

映画で一躍有名となったピピレイ島にある「マヤベイ」は、ボートでしか行けない場所にあり、秘境感満点。

透明度が抜群の海、島の周りには珊瑚礁…まさに楽園です。

 

タオ島

photo by pixta

タオ島はタイ湾にある小さい島で、スキューバダイビングが盛んです。小さな島ですが、ダイビングスポットは20以上もあるといいます。

今なお豊かな自然が残るタオ島は、リゾート地でもありながら、田舎のような雰囲気もある素敵な場所です。

タオ島で一番大きいのはサイリービーチで、その周辺には宿泊施設、ダイビングショップなどが数多くあります。

 

リペ島

photo by pixta

タイ最後の秘境リペ島と言われるリペ島は、アンダマン海に浮かぶ小さな島です

タイの首都バンコクからは離れていますが、マレーシアのランカウイからは近いので、ランカウイ経由で訪れる人も多いです。

少々アクセスは悪いのですが、その分秘境感は満点。コバルトブルーの美しい海に白い砂浜、島自体もコンパクトなサイズで過ごしやすいのが魅力です。もちろんシュノーケリングも楽しめますよ。

 

サメット島

photo by shutterstock

サメット島はなんと、バンコクから片道約1000円で行けます!しかも、タイの首都バンコクから一番近い島がサミット島。リゾート地として有名ですが高級なホテルだけでなく、ゲストハウスもたくさんあります。

そのため、昔はバックパッカーの聖地と呼ばれていたことも。

昼間のビーチは海水浴や日焼けを楽しむ人で賑い、夜はテーブルなどが並びバーに早変わりします。歩くと「キュッキュッ」と音が鳴る、鳴き砂も楽しめます。

 

ラチャ島

photo by shutterstock

ラチャ島は高級リゾートして名高く、世界のリゾート100に選ばれ、多くのメディアでも取り上げられています。リゾート地と言ったら、やっぱりスパですよね?

日本よりもお手軽な金額で受けることが出きるので是非体験してみて下さい。そして、島を探索する際は、道があまり舗装がされていないので、徒歩がおすすめです。

 

コラール島

photo by shutterstock

コラール島は、なんとプーケットからスピードボートで約15分という近さ!波が穏やかなので、一年中マリンスポーツを楽しめるところも魅力です。

また、膝くらいまで海に入るとお魚の群れが寄ってきてくれるので、深いところまで入らなくても楽しめます。波が穏やかな分、透き通った海が続き、たくさんの種類の魚を見ることができます。

 

次の目的地はタイで決まり!

タイは数多くの魅力的なビーチがある、まさにビーチリゾートの宝庫。目の覚めるような海と、壮大な自然に囲まれながら過ごす、ゆっくりとした贅沢な時間。

そんな素敵な時間を、ぜひタイで過ごしてみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

自然と伝統が入り混じるタイの古都チェンマイの魅力
夏旅は沖縄へ行こう!那覇から日帰りできる海が美しい「座間味島」の魅力
鮮やかな魚やサンゴに囲まれて水中散歩!「潜水艦ツアー」で世界の海を見に行こう
【超厳選!】6847の日本の島から選び抜いた、美しい離島7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP