体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

城×桜、茶畑×桜など!2016年春に行きたい静岡の桜名所

蓮華寺池公園

静岡といえば、富士山に始まり、駿河湾、浜名湖など、風光明媚な場所が多いエリア。

これからの時期には桜が咲き始め、さらに美しい光景を見せてくれます。

今回は静岡県の中の桜名所でも西部に絞り、さらに、桜だけじゃない、他の事も一緒に楽しめる充実の桜名所をご紹介します。

湖にうつるソメイヨシノ、チューリップのコラボなど、桜は今しか味わえない、春の花見シーズンだけのお楽しみ♪

仲の良い友人や家族と計画を立てて、ぜひ見に行ってみてくださいね。

駿府城公園【葵区】

今も残る石垣を彩る桜たち。

駿府城公園

お堀を埋め尽くす桜は市内中心部にありながら江戸情緒を感じさせる

家康公が晩年を過ごした駿府城跡を整備した公園。お手植えのミカンの木や銅像もあります。当時の面影を残す石垣を包むように咲く桜など、園内に約450本が植えられています。

開花にあわせてライトアップされ、夜桜が楽しめます。また、4月1日~3日には「第60回静岡まつり」が開催されます。

見頃:3月下旬~4月上旬 駿府城公園(すんぷじょうこうえん)

TEL/054-251-5880(静岡観光コンベンション協会)

住所/静岡県静岡市葵区駿府城公園1

営業時間/9時~16時30分(有料施設)

定休日/月(有料施設)

「駿府城公園」の詳細はこちら

静岡浅間神社【葵区】

満開の頃の「廿日会祭」がおすすめ。

静岡浅間神社

神部神社と浅間神社の御本殿へ続く階段の両脇に咲く桜

神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社の総称。境内にはシダレザクラやソメイヨシノが約100本咲き、毎年4月1日~5日に行われる「廿日会祭」の時には屋台が並び多くの参拝者が訪れます。

また、百段階段を上った賤機山の桜のトンネルも見事。静岡市街を見下ろすビューポイントでもあります。

見頃:3月下旬~4月中旬 静岡浅間神社(しずおかせんげんじんじゃ)

TEL/054-245-1820

住所/静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1

「静岡浅間神社」の詳細はこちら

大井川鐵道【島田】

山間に汽笛をこだまさせSLは桜駅へ到着。

大井川鐵道 駿河徳山駅。ホームの桜も美しいが、駅からすぐの桃沢という小さな川付近もきれい大井川鐵道 さくらのヘッドマーク 開花時期のみ取り付けられる「さくら」のヘッドマーク大井川鐵道 車掌さん

SLおじさん・SLおばさんは歌える車掌さん

●料金:新金谷駅~千頭駅大人片道1720円+SL急行料金片道800円

●予約あり(当日先着順)

茶畑の中を走り抜け、絶景へと誘う

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。