ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

fennicaセレクトの宮城・仙台物産展「BEAMS EYE Sendai , Miyagi 2016」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最新フードから伝統工芸まで

2016年3月18日(金)から3月27日(日)まで、東京・原宿の「International Gallery BEAMS」にて「BEAMS EYE Sendai , Miyagi 2016」展が開催されます。

fennica(フェニカ)は日本の民芸品・工芸品を扱うBEAMS(ビームス)のレーベル。本展では、フェニカが独自に集めた宮城・仙台地域の地場産品を展示・販売します。

セレクトを担当したのは、フェニカのディレクターを務めるテリー・エリス氏&北村恵子氏、MDの杉浦明志氏の3名。宮城県内を巡って情報を集め、現地でこれぞという雑貨類やフードを買い付けてきたそう。

生産者のこだわりが詰まった有機米「東北194号」、新鮮な卵を使った「花兄園マヨネーズ」、かつての捕鯨文化を伝える「くじらもなか」、fennicaと名取屋染工場が共同で開発した「あずま袋」、仙台の庶民に古くから愛される「松川だるま」など、BEAMSならではの視点で宮城の物産をセレクト。実際に地元で愛されている隠れた名品が揃います。

また、遠刈田地域で作られているコケシに藍色の絵付けを施した人気商品「インディゴこけし」も会期初日から再販。海外でもジャパンブルーとして認識されている美しい藍色をまとったコケシは、これまでとは一味違うクール&モダンな佇まいが魅力です。

フェニカのフィルターを通して見ると、これまでとは少し違った宮城・仙台地域を発見できるかも。会期は10日間、ぜひ足を運んでみてください。 BEAMS EYE Sendai , Miyagi 2016

会期:2016年3月18日(金)~3月27日(日)

会場:International Gallery BEAMS / 東京都渋谷区神宮前3-25-15

特設サイト:http://sendai-miyagi.jp/

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

「FDBモブラー」の家具が日本上陸!”5人に1人が買った”国民的チェアも登場
行列必至の2日間! 恒例イベント 「広松木工 スプリングフェア2016」開催迫る
Artekから新ステーショナリーシリーズ「アウトライン」登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP