ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベルギーの音楽家ジャン=フィリップ・コラール・ネベン、ソロピアノの新たな扉を開く新作が完成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ベルギーの音楽家ジャン=フィリップ・コラール・ネベンが、約5年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Out of Focus』を2016年4月7日にリリースする。

 モンス王立音楽院教授も務め、その豊かな叙情性と卓越した音楽センスが、国内外で大きな注目を集めているベルギー出身のピアニスト/作曲家、ジャン=フィリップ・コラール・ネベン。古典から現代的なレパートリー、ジャズ、即興、シャンソン、電子音楽、演劇からダンス、無声映画にいたるまで、異なる音楽ジャンルに特異なスタイルと大きな足跡を残してきた。

 そんな彼が、前作『Between the Lines』から約5年ぶりとなる新作ソロ・ピアノ・アルバム『Out of Focus』を発表する。アルバムはそのタイトルからも類推される通り、彼自身も個展を開く程に熱中する写真からインスピレーションを受けており、私たちの考える音楽そのもののアウトラインをずらすこと、全く異なった物語を背景から捉えることの大切さ、焦点の外に生みだされる空間、ボケの美しさに主眼を置いている。生命のダンスを感じるような躍動的な即興のバラッド、まばらなメロディーや予測できずに変化するハーモニーは時に明滅する光のようにゆっくりと沈黙の中に溶け、空間に美しい余韻を残す。

 現在アルバムからヘンリー・マンシーニの名曲「Moon River」のカヴァー、さらに「Cesaria」の映像が公開されている。

◎「Moon River」音源
https://soundcloud.com/flaurecords/jean-philippe-collard-neven-moon-river

◎「Cesaria」映像
https://youtu.be/5pWnJHFIFac

◎『Out of Focus』トラックリスト
01. Goodbye My Friend
02. Shooting in the Park
03. Eu te amo
04. The Dance of Soul
05. Infinite Embrace
06. Cesaria
07. Moon River
08. Insensatez
09. The Dance of Life
10. Musique floue
11. Allo allo ?
12. Por toda a minha Vida
13. Here We Are

◎リリース情報
『Out of Focus』
ジャン=フィリップ・コラール・ネベン
2016/4/7 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

東京・春・音楽祭が華やかに幕開け、リッカルド・ムーティ「音楽は絶対に裏切らない」
御年68歳!昨年デビューALを発表したホラー界の巨匠ジョン・カーペンターの最新作が早くも完成
J・ディラ以降のサンプリング/カットアップを追求する気鋭ビートメイカー多数参加!Repeat PatternとTa-kuによる<BRRWD>が初コンピを発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP