体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【夏着物】単衣や薄物に合わせるおすすめの帯と小物とは?

趣通信スタッフのちあきです。

真夏の7月・8月は、「薄物(うすもの)」と呼ばれる絽(ろ)・紗(しゃ)など透け感のある絹や、麻(上布など)、絹紅梅などを着る季節。

夏は暑いから浴衣だけ・・・という方もいますが、夏の着物はとても薄くて軽いのが魅力です。袷の季節には味わうことのできない、夏ならではの軽やかな装いを楽しみましょう!

今回は夏着物の特徴や着用シーン、帯合わせなどをお話しさせていただきます。

 

薄物とは?袷や単衣との違い

最夏季に着用する薄物とは、単衣仕立てで透け感のある表地を使った着物。
単衣と袷の仕立ての違いと、単衣仕立ての中でも表地による違いを見て、薄物とはどんな着物なのか探ってみましょう。

単衣の着物と袷の着物の違いは?

単衣の着物と袷の着物の違いは裏地の有無です。反物(表地)を着物に仕立てるときに、裏地類をつけるものを袷の着物、つけないものを単衣の着物と呼びます。袷の着物は10月〜5月までの暑くならない時期に着用します。

単衣の着物については以下の記事にて詳細をご紹介しておりますのでご参考ください。

関連記事単衣の着物を着よう!単衣を着る季節や帯と小物合わせをご紹介

単衣の着物を着よう!単衣を着る季節や帯と小物合わせをご紹介

【夏着物】単衣や薄物に合わせるおすすめの帯と小物とは?スタッフのちあきです。羽織なしで着物を着られる季節になりましたね!とはいうものの、気が付けばやってくるのが、単衣着物の季節です。袷の着物と違って裏地がなくて軽やかに着られるのが魅力の単衣着…

 

単衣仕立ての着物にも2種類。単衣と薄物の違いは?

単衣仕立ての着物も、表地の違いによって呼び方が変わります。
主に、特に単衣と呼ばれるのは、袷と同じ表地を使い、春から夏にかけて暑くなってきた時期や秋から冬にかけての肌寒くなってきた季節など、6月や9月の季節の変わり目の時期に着ることが多い着物です。単衣に仕立てた着物の中でも薄くて透け感のある表地を使い、暑さの増す7月と8月に着る着物が『薄物』と呼ばれる着物です。

 

夏着物『薄物』の特徴は?

薄物と呼ばれる夏の着物は、袷の時期の着物や単衣と呼ばれる着物よりも薄く、透け感があるのが特徴です。下に着ている襦袢が透けて見えますので、特に透けやすい素材の着物を着るときには、着物と合ったサイズの長襦袢を着用すると良いですね。

では薄物を代表的な三種類である、絽(ろ)・紗(しゃ)・麻の着物(上布・じょうふ)に分けてみていきましょう。

夏着物のおすすめ その① 絽(ろ)

絽とは横一列に穴が空いているように織られている着物です。縦一列に穴が空いているものは縦絽(たてろ)と言います。浴衣になると綿素材の綿絽(めんろ)もありますね。夏着物の定番の織りです。

後染めの生地なので、小紋や訪問着などの生地で使われることが多く、少しよそゆきな印象になります。

スクリーンショット 2017-04-10 19.39.25

夏着物のおすすめ その② 紗(しゃ)

紗は絹でできており、網目のように織られているため通気性がよく、とても透け感がある着物です。
また、特に単衣の時期(6月・9月頃)に着用する紗もあります。紗と紗、絽と紗を合わせて縫われた「紗袷(しゃあわせ)」という着物です。

スクリーンショット 2017-04-10 19.40.07
1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。