ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【夏着物】単衣や薄物に合わせるオススメの帯と小物とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏になると裏地のついた袷の着物では暑くなります。暑くなる5、6月と残暑の時期の9月は裏地をつけずに仕立てる『単衣』の着物を着ます。暑さの増す7月と8月は単衣に仕立てた着物の中でも薄くて透け感のある『薄物』の着物を着ます。今回はそんな単衣と薄物の着物に合わせるオススメの帯と小物をご紹介します。
夏場に締める帯は、涼しげに見え、通気性のよい素材を選びましょう。絽の染め帯、絽綴れ、紗、羅、麻(上布)などが比較的長い期間使えます。

 

絽綴れ


出典:http://item.rakuten.co.jp/

 


出典:http://www.tsuyukusa.co.jp/

 


出典:http://blog.goo.ne.jp/

 

麻(上布)


出典:http://item.rakuten.co.jp/

 

初夏の帯

単衣の着物には、博多織や紬などの単衣帯が活躍しますが、5月なら袷の着物用の帯で、生地の薄いものや、涼しげな色・柄のものを使います。6月に入ったら、夏帯の出番です。涼やかに見えるコーディネートを心がけます。波、紫陽花、鉄線など夏の文様を選びます。

 

盛夏の帯

薄物には、羅や紗、絽綴、麻の帯を合わせます。張りがある素材に透けた感じがあいまって、涼感が際立つ装いになります。カジュアルな場面なら、浴衣用の半幅帯を合わせても良いでしょう。色数を少なく、すっきりしたコーディネートにするのが夏の装いを涼しく見せるポイントです。

 

初夏の帯

9月も下旬になれば、軽やかな色、柄の絽縮緬、絽紬、紬などを合わせます。いずれも、夏の文様は避け、色は落ち着いた色に、柄は月見や葡萄(ぶどう)、秋草など秋らしさを感じさせる文様を選びましょう。「着心地は夏、気持ちは秋」で装います。

 

一年中使える帯

半幅帯や博多織の帯は一年中使えて便利です。

 

 

長襦袢

絽、紗、麻ならオールマイティ

単衣と薄物の季節には、基本的に白の絹、紗、麻の長襦袢でカジュアルからフォーマルまで対応でき、色物は淡い色なら涼しげです。汗をかくので、自宅で洗濯できる麻は重宝します。着物は下着で温度調整をするものなので、4月の袷の時間でも、暑ければ夏用の長襦袢を早めに着て心地よく装いましょう。

 

二部式襦袢

レース紬で女っぷりをあげる

麻や絹紅梅の着物なら、長襦袢の代わりに二部式襦袢を合わせてもよいでしょう。たっぷりとレースがついた筒袖(つつそで)の半襦袢は、振りからレースがちらりと見えると可憐です。袖丈が短いだけで軽やかで、涼しく感じます。裾よけも夏素材を合わせましょう。

 

半衿

白の絽で涼やかに

6月から9月の半衿として活躍するのが、白の絽です。カジュアルからフォーマルまで合わせられ、絽目の透ける素材感がとても涼しげです。夏の装いの色半衿は、暑苦しい印象を与えることもあります。使うなら極薄い色にして、清涼感を損なわないようにしましょう。ほかに麻や紗も合います。縦にしぼがある楊柳(ようりゅう)は5月末から6月中旬まで使え、肌ざわりもさらりとしています。

 

帯揚げ

絽、紗、麻の淡い色無地が夏の定番

帯揚げは、6月から9月まで絽、紗、麻などの透け感のある涼しげな素材を選びます。単衣の季節なら縮緬もよいでしょう。フォーマルには、絹の白か薄い色を合わせます。カジュアルでも、暑さを感じさせない無地の薄い色やぼかし染めがよいでしょう。

 

帯締め

淡い色なら袷にも夏用にも

帯締めは季節を問わずに使えます。特に冠組がおすすめです。夏用に作られたレース組みの帯締めは、お好みで用いましょう。夏の装いには、色も白、水色、黄色、若草色、桜色など、淡色系でやや細めのものを選びます。

 

夏着物の生地や帯との合わせ方などコーディネートをご紹介

【夏着物】夏には単衣の着物と薄物の着物を着て季節感を演出♪

 

夏着物と浴衣の違いとは?

基本的に絹なら夏着物、浴衣は綿

基本的には素材が絹なら夏着物、綿なら浴衣と言えます。綿紅梅や奥州紬(おうしゅうつむぎ)など高級浴衣であれば、足袋を履いて名古屋帯を締めて夏着物風に着ることもできますし、木綿の夏着物や綿紅梅の浴衣も例外的にはあります。

浴衣は半衿はつけず、足袋も履かなくても良いですが、夏着物は必ず足袋を履きます。半衿はつけてもつけなくても構いません。

 

雨下駄

塗りで防水。ゴム張りで滑り止め

台に歯のついた塗り下駄のつま先に、雨よけの爪皮(つまかわ)をつければ、雨用の履物になります。雨がやんだり、屋内に入ったら、必ず爪皮をはずしましょう。会場には替えの草履を持参して、履き替えます。

 

雨草履

雨の日の移動にはカバー付きを

改まった場所や社交の場なら、雨が降っていても草履を履きます。移動の際はつま先に透明のカバーがついている雨専用の草履を破棄、会場では替えの草履に履き替えます。取り外しのできる雨用草履カバー なら、履き替える手間が省け、雨が降りそうな日にも携帯できます。

 

雨コート

二部式なら丈を調整できます。

雨の日は、防水・撥水を施したコートを着れば、大切な着物も汚れません。足元が一番濡れやすいので、裾まですっぽり隠れる丈を選びましょう。道行(みちゆき)と裾よけの上下に分かれた二部式なら、既製品でも丈が合わせやすく便利です。雨がやんだら、裾よけを取り、上を道行として着ることもできます。一枚でコンパクトに収納できる道中着型は、急な雨にもさっと羽織ることができます。塵よけに活用できる晴雨兼用タイプを選びましょう。

 

 

 

公式インスタグラムで皆さんの#趣着物をご紹介♪

趣通信の公式インスタグラムでも皆さんから投稿頂いた「#趣着物」を中心に着物コーディネートや帯結び、ヘアアレンジなど参考にしたい素敵なお写真をご紹介しております。

趣通信の公式インスタグラムをアプリで見る→アプリ

趣通信の公式インスタグラムをサイトで見る→サイト

▼過去の#趣着物のご紹介記事は以下よりご覧ください
皆さんから投稿頂きました #趣着物 のコーディネートをご紹介!

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP