ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【染めの着物】江戸小紋や手描き友禅、絞り染めやぼかし染めなどご紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

着物の種類として『染めの着物』と『織りの着物』があります。染めの着物とは、生糸で白生地を織り、あとから色を染めた着物のことを染めの着物と呼びます。そんな染めの着物にはさまざまな染色技法があります。糸目糊や型紙を用いることで、絵画的な表現がしやすいのが特徴です。今回はそんなさまざま染めの技法をご紹介致します。

 

染めの着物とは

白生地に後から色柄を染めたものを染めの着物といいます。 振袖や訪問着などは染めの着物に分類されます。極細い生糸で織られた薄くやわらかな風合いの生地に、染色をほどこします。染めの着物は手触りがしっとりやわらかです。そのため、「やわらかもの」ともいわれ、手を通すせば、体にそっと寄り添ってくれる感じがあります。

代表的なものとして、華麗な絵柄が特徴の友禅染め、沖縄の紅型や江戸小紋など型紙を使う型染め、布を糸でくくり文様を出す絞り染め、ろうで防染することによって文様を出すろうけつ染めなどがあります。

参考:【意外と知らない】着物の染めと織りの違いとは?

 

染めの着物の技法:手描き染め

手描き友禅

江戸時代に京都の宮崎友禅齋により、餅米とぬかと塩を混ぜた糸目糊が考案された。糸目糊で模様の輪郭をなぞることで、隣り合う色が混ざらないように防染できるようになり、花鳥風月などの題材を絵画のように精密で色彩豊かに表現することができます。

出典元:http://image.rakuten.co.jp/

 

ぼかし染め

濃い部分からだんだんに淡くぼかして染める染色法。平安時代に多様化し、裾を濃くだんだん薄くぼかす「裾濃」などがある。おぼろげで幽玄の趣があり、着物のほかに長襦袢(ながじゅばん)八掛にも用いられる。単色のぼかし染めなら色無地と同じ扱いになり、お茶席にもふさわしい。

出典元:http://kobayashisomekoubou.jp/

 

ろうけつ染め

筆や刷毛(はけ)でろうを置いて防染し、色染めする染色法。ろうは乗りより防染力が弱く、自然なにじみやひび割れが出来るのが特徴。型染めに用いることもある。インドネシアのバティックが有名だが、日本では奈良時代を最盛期に、友禅染めの出現により一時衰退した。現在は、素朴な風合いを求めるおしゃれ着や個性的な着物に用いられる。

出典元:http://iwano.biz/common/

 

染めの着物の技法:絞り染め

白く残したい部分をいとでくくる、塗って閉める、板で挟むなどして防染し、染科に浸して模様を残す技法です。

 

染めの着物の技法:型染め

模様を掘った「型紙」を白生地に沖、上から防染糊や色糊を置いて染める方法です。色違いなど量産を可能にしました。

 

染めの着物の技法:型友禅

型紙の上からへらで色糊を塗り、絵画的に表現した型染め。色数の多い物は数枚から数十枚の型紙が必要になる。

 

染めの着物の技法:小紋

技法的には型友禅と同じで、型紙の上から色糊で染める。柄に上下のない多色染めで、最も一般的な型染めといえる。

 

染めの着物の技法:江戸小紋

型紙の上に防染糊を置いて地色を一色で染め、模様を白く染め抜く江戸小紋。型紙がずれることなく送るには、熟練した技術が必要になる。

 

あわせてこちらもご覧ください

【染めの着物】「留袖」「訪問着」「付け下げ」「小紋」代表的な柄づけの種類をご紹介

【染めの着物】代表的な生地の種類 綸子・縮緬・絽・無地染めをご紹介♪

 

 

公式インスタグラムで皆さんの#趣着物をご紹介♪

趣通信の公式インスタグラムでも皆さんから投稿頂いた「#趣着物」を中心に着物コーディネートや帯結び、ヘアアレンジなど参考にしたい素敵なお写真をご紹介しております。

趣通信の公式インスタグラムをアプリで見る→アプリ

趣通信の公式インスタグラムをサイトで見る→サイト

▼過去の#趣着物のご紹介記事は以下よりご覧ください
皆さんから投稿頂きました #趣着物 のコーディネートをご紹介!

 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP