体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【染めの着物】手描き友禅、絞り染めやぼかし染め型染めなど染めの着物の種類をご紹介

趣通信スタッフの紅子です。着物の種類には大きく分けて「染めの着物」と「織りの着物」があります。

今回は、染めの着物の種類についてご紹介していきたいと思います。

 

染めの着物とは

「染めの着物」とは、はじめに白生地を織り、そのあとから色や柄を染め付けた着物のこと。「後染め(あとぞめ)の着物」と呼ぶこともあります。

それに対して「織りの着物」は先染め。まず糸を染めて、織ることによって柄を出していくものです。

着物は原則として、織りの着物より染の着物の方が格が高いという扱いになります。

結婚式

(参考:結婚式に出席する際(親族・友人)の着物選び・結婚式着物マナーをご紹介

なので、振袖や黒留袖などは必ず染めの着物ですし、紬地の訪問着はあくまでのオシャレ着で、染めの方が格が高くフォーマルな着物です。
それではここから、染めの着物を技法によって3つに分類しながらご紹介していきましょう。

 

染めの着物 種類①手描き染め

まず一つ目は、手描き染め。

白生地に、花鳥風月や吉祥模様などを絵画的に表現することが可能です。

手描き友禅

画像1

友禅染めは、江戸時代に京都の扇絵師、宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんさい)が考案したとされています。手描き染め、と聞いてまっ先に思いつくのがこれではないでしょうか。

友禅染では、まず、もち米と糠(ぬか)と塩を混ぜた「糸目糊(いとめのり)」というものを模様の輪郭線に置いていき、そのあと、色を挿していきます。糸目糊がいわば堤防のような役割を果たし、隣り合う色が混ざらないようにしてくれるのです。最後に糊を落として完成です。

友禅
友禅染めには京友禅、加賀友禅、江戸友禅などがあります。基本的な技法は共通していますが、柔らかい色調を好む京友禅、自然描写を重んじ深みのある色を用いる加賀友禅、渋く落ち着いた色合いを好みスッキリとした江戸友禅など、それぞれの地域の好みを反映しながら発展してきました。

ろうけつ染め

14329982_531572383703287_2185229260971737348_n

(きものサローネ2016:ち江す様より)

染めたくないところをガードする(防染する)、という意味では友禅染めに近い技法ですが、糊ではなく、ロウを用います。

ロウは糊より防染力が弱いため、自然な滲みが生じたり、ひび割れたような模様が浮かび上がるのが特徴です。
その歴史は友禅染めより古く、友禅染めの出現によって衰退した時期もありましたが、現在はその素朴な風合いが見直されています。

 

ぼかし染め

スクリーンショット 2018-01-24 08.49.26
1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。