ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【シンクロ率120%】風景と完全に同化する「ボディペイント」が、じわじわくる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


まずは、この写真から
ご賞味ください。

夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでしょ。

ジャーン。背景のコロッセオを全身にペイントした男性が姿を表しました。微妙に歪んだアーチがまっすぐだったら、結構きれいに同化していたかもしれませんね。

NY在住のTrina Merryさんは、すでに商業広告やイベントでも引っ張りだこの超売れっ子ボディペインター。これまでにも数多くの作品を発表し、世界中のメディアから高い評価を得てきたことからも、彼女のボディペイントを一度は目にしたことがあるかもしれません。

なかでも人気のシリーズが、世界各地のランドマークに溶け込む「Camouflage Series(カモフラージュ・シリーズ)」。名所旧跡の前で裸のモデルにペイントを施し、完全に同化した状態でパシャ。その傑作シリーズを、ちょっぴり「どうなの?」と突っ込みたくなるモノも含めてご紹介!

クールでシュールな
カモフラ写真が面白い!













「なんとも微妙〜」が
じわじわくるっ



車体の屋根が歪んじゃった。

さすがに5人は難しかったか。

ちょっ、近い近い!

手の角度まではバッチリだったんですけどね。ぽっこりお腹が残念賞。

モデルもやりたい放題!?

ちょっと!溶け込まなきゃ。

もはや、シュールとしか表現できない…。

ついには、
車まで消しちゃった!

なんと、車も一台まるまるペイントしちゃいました。フォードの新車タイアップ企画らしいのですが、消しちゃっては…ねぇ(笑)。他にもミュージシャンJanna PelleのPVで本人に直接ペイントを施したりと、Merryさんのカモフラ効果はとにかく絶大。

いつか、日本各地の観光名所に溶け込んだ彼女のボディペイントが見てみたい!

Licensed material used with permission by Trina Merry

関連記事リンク(外部サイト)

天国への手紙も受け付けてくれる「漂流郵便局」とは?
ミラノ発!京都の着物にイタリアのシルクを融合させた「巻くスカート」
雨の日が楽しくなる!濡れると絵が浮き出てくるアート「Rainworks」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP