ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

認知症患者 「みんな他人事で世間の理解は浸透していない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 認知症の問題は、家族の介護負担に注目が集まる一方、置き去りにされてきたのが、意思疎通は難しいと思われがちな「本人」の気持ちではなかったか。そこで本誌は、前代未聞の認知症当事者による座談会を開催した。

 参加者は、民家を改装したデイサービス施設「NPO町田市つながりの開 DAYS BLG!(以下、BLG)」(東京都町田市)の通所者。

 市内で妻と2人暮らしの奥澤慎一さん(74)、建設会社勤務だった園田士郎さん(仮名、62)、神奈川県在住の片岡信之さん(仮名、64)、大手電機メーカーの設計担当だった鳥飼昭嘉さん(72)の4人に話を聞いた。

──3月1日に下された最高裁判決が注目を集めました。2007年に愛知県で認知症男性(91、当時)が徘徊中に列車にはねられた事故で、鉄道会社が列車遅延の損害の賠償を男性の妻と長男に求めていた裁判です。事故を防ぐために認知症の人を閉じ込めることが許されるのか、という議論も起きました。

奥澤:社会から隔絶した場所に閉じ込められるのは、本人にとって地獄です。私がそうでした。認知症と診断されて、妻は私を24時間365日の監視体制下に置きました。私1人では家から一歩も出さなかった。

 定年前の私はほとんど家を顧みなかったから、妻と話すことなんてなかったんですね。それが四六時中、顔を突き合わせていると、互いにあら探しばかり。普通のデイサービスも行きましたが、やりたくもないことをやらされる施設でつらいばかりだった。

 それでも家族の休息のために自分を殺してしばらく通っていましたが、次第に人と話す言葉も意欲も失いました。

 3年前、その妻がBLGを見つけてくれて、もう一度社会や仲間とつながれるようになり、希望が差した。今では妻に感謝、感謝。

鳥飼:そう、症状は改善できますよね。僕は「後ろ歩き」がいいと聞いて、公園でやっていますよ。

片岡:すごいねそれは。

鳥飼:それどころか「後ろ走り」もやります。

──危なくないんですか?

鳥飼:危ないですよ! 一度転んで膝の筋を切っちゃったんだから(一同爆笑)。

 怖くてしばらく後ろ向きには歩くこともできなくなっちゃった。走ったのは、失敗でした(と頭をかく)。

園田:まあ運転しない代わりに歩くのはいいですよね。歩きながらだと必ず何か考えるから、脳にもいい。

奥澤:認知症でも、人間性は取り戻せる。あとは世の中です。家族だけじゃなくて、近所とか町の人が見守る。そういう社会になってほしい。

 愛知県の鉄道事故も、認知症の男の人は駅の改札を通って電車に乗っているんでしょう。誰かがちょっと声を掛けられれば防げたかもしれない。声を掛け合える社会にならないといかんと思いますよ。

園田:難しいのは、今回、私は名前も顔も伏せて取材をお受けしましたが、私の勤務先にしても家族にしても、認知症だと公表することは控えてほしいという立場です。

 やっぱり認知症に対する世間の理解はまだそこまで浸透していない。もし職場で事故があったりしたら「あの人が変な判断をしたからだ」と見られかねない。そういう見方があるのも事実です。

 * * *
 そうした認知症へのイメージに対し、当事者の立場から「過剰に危険視して監視や制止をしないで」と訴えているのが、BLG理事長の前田隆行氏も参加する「日本認知症ワーキンググループ」だ。

 2014年に発足し、2月には5項目にわたる「本人からの提案」を打ち出した。前田氏が言う。

「認知症の当事者たちの声をもっと政策に反映させなくてはいけません。だからこそ、本人たちが生活している中での思いをもっと表現する場があっていい」

 奥澤さんは取材の最後にこうつぶやいた。

「みんないつかは認知症になる。そういう時代です。でも、まだみんな、どこか他人事なんだよな」

 当事者たちの声は明るかった。そして重くもあった。

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
発症まで約20年のアルツハイマー型認知症 40代から予防必要
認知症の医師の選び方 日本認知症学会HPで専門医を探す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP