体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【世界一パワフルなニューヨーク】パワースポット3つ教えます!

世界中から人々を引き寄せるニューヨーク、マンハッタン。マンハッタンの大きさは、東京の山手線の範囲とほぼ同じ大きさしかありません。この狭い土地に、ビジネス、アート、ファッションでの成功を目指し誰もがやってくるのは、強いエネルギーを放つ街だからです。

マンハッタン島は1枚の岩盤から構成されており、島の大部分を構成している岩盤は花崗岩と雲母,片麻岩,ざくろ石が混じった”マンハッタン・シスト(Manhattan Schist)”と呼ばれる岩です。この岩はコンクリートの2倍の硬さという強度。岩盤の下には、強烈なパワーが宿っているらしいのです。

NY Charging bull 上昇相場(ブル・マーケット)の牛

ウォール街のブロンズ像の雄牛(ブル)。彫刻家Arturo Di Modica氏によって、1986年のブラックマンデー(NY株式暴落)で落ち込んだアメリカ経済の株価上昇を願って、制作されたもの。1989年12月、ニューヨーク証券取引所前にゲリラ設置されましたが、その後様々な経緯を経て現在の場所に落ち着きました。

【世界一パワフルなニューヨーク】パワースポット3箇所教えます

ウォール街の証券マン達が株価の上昇や仕事の成功を祈って撫でる「グッドラック」の牛。常に観光客でいっぱいです。皆で撫でまくっているので、牛はツルツルぴかぴかになっています。

【世界一パワフルなニューヨーク】パワースポット3箇所教えます

仕事運、金運が上昇しますよ。

【世界一パワフルなニューヨーク】パワースポット3箇所教えます

【ロケーション】
Broadway & Morris St, New York, NY 10004

【世界一パワフルなニューヨーク】パワースポット3箇所教えます

[Charging Bull]

The Obelisk, nicknamed Cleopatra’s Needle クレオパトラの針

セントラルパーク内、メトロポリタン美術館裏手に立っている石柱は、1880年にエジプトから贈られた古代エジプトのオベリスク。紀元前1450年のもので、今から3500年近く前のもの。NYCで最も古いアウトドアのモニュメントだそうです。

【世界一パワフルなニューヨーク】パワースポット3箇所教えます

長さ21m、重さ220tのオベリスクの先端には、大きなパワーが集まっているそうです。こちらもぜひ触ってパワーを貰いましょう。春には、オベリスクを取り巻くようにマグノリアが咲いて、美しいものです。

【世界一パワフルなニューヨーク】パワースポット3箇所教えます

【ロケーション】
East Side at 81st Street.

【世界一パワフルなニューヨーク】パワースポット3箇所教えます

[Obelisk]

Umpire Rock アンパイアロック

セントラルパーク内にある、マンハッタン島の岩盤が露出している場所。氷河時代からのむき出しの岩からは、大きなエネルギーが放たれているそうです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。