ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TAG Heuer、来年までに6~8種類のスマートウォッチを投入する計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年、Android Wear を搭載した「Connected」でスマートウォッチ市場に参入した TAG Heuer ですが、今後はさらにスマートウォッチのラインアップを増やしてくるようです。これは、TAG Heuer を展開している LVMH の CEO、Jean-Claude Biver 氏が Reuters に対して明らかにしたことです。同氏は、Reuters からのインタビューの中で、「来年には 6 ~ 8 機種のスマートウォッチで新しいコレクションを持つことになるでしょう」と述べ、来年にかけてスマートウォッチの機種数を増やす方針を明らかにしました。LVMH グループでスマートウォッチを出しているのは TAG Heuer だけなので、TAG Heuer のスマートウォッチラインナップを充実させると予想されます。最初の TAG Heuer スマートウォッチは Carrera のデザインをベースにしたものでしたが、新しいコレクションのローンチでデザインも大きく変えてくると予想されます。Source : Reuters

■関連記事
Android版「Pocket PARCO」がv2.0にアップデート、人工知能によるレコメンド機能やフィードのカスタマイズ機能が追加、ランク制度も刷新
LG、G5を韓国で3月31日に発売、初期の購入者にはカメラモジュールなどがプレゼント
Amazon.co.jp、「Spring Time Sale」を3月25日 ~ 27日まで実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP