ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』、海外向けの新しい予告映像が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』の劇場公開を2週間後に控え、最新の予告映像では、新しいシーンを垣間見ることができる。

ジェシー・アイゼンバーグが演じるレックス・ルーサーが、「歴史上最も偉大で壮絶な戦い」について語る最中、両者のヒーローたちが大雨の下にらみ合うシーンなど、この海外向けの新しい予告映像の多くのシーンは今までの予告映像に出てきたものだ。しかしながら、最新の予告映像にはいくつかの新しいシーンも含まれている。

新しいシーンでは、ベン・アフレック演じるバットマンが砂漠の要塞に向かっている。DCユニバースで最も凶暴な悪役のダークサイドが同作に登場するという噂がされているが、この砂漠のシーンは、ダークサイドの拠点となる惑星アポカリプスに非常によく似ている。また、バットマンが、「お前は仲間を見殺しにしている」と赤文字で書かれた新聞を受け取る新しいシーンもある。ジャレッド・レトー演じるジョーカーは、今年後半に米公開予定のDCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』で初登場する予定だが、犯罪の道化王子であるジョーカーは、『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』においてもバットマンをもて遊ぶようだ。

ガル・ガドット演じるワンダーウーマンも、少しだけ最新の予告映像に登場している。黒い革を身に付け、廊下を男勝りに歩く姿が垣間見れる。

『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』は、日米ともに3月25日に劇場公開となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP