ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いまが旬の菜の花は美肌にもイライラにも効果的だった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まだ寒い日もありますが、日ごとに陽ざしが明るくなって春本番まであと少し! この時期に八百屋さんで気になる野菜といえば、何といっても菜の花。黄色い小さな花を見るだけで心が弾みますね。菜の花にはお肌に良い成分や女性が摂るとよい成分がたくさん含まれています。 お浸しや天ぷら、炒め物などさまざまな菜の花メニューで春を味わいたいですね。

菜の花には食用と観賞用があるんです

菜の花は、アブラナ科アブラナ属の日本在来種のアブラナをさします。食用と観賞用がありますが、「菜」とはもともと「食用」をさしているので「食用の花」というのが菜の花の意味。「なばな」「花菜」とも呼ばれますね。料理に使う菜種油は主にセイヨウアブラナという種類の植物から採取されます。

女性に嬉しい菜の花の栄養素とは?

菜の花にはβ-カロテンが豊富に含まれます。体内ではビタミンAに変わり、肌や髪を健やかに保つはたらきを持つので、肌荒れや髪のツヤを気にする女性には欠かせない成分ですね。目や呼吸器系の健康にもはたらきかけて、免疫力もアップしてくれます。ビタミンB2やビタミンCも含まれていてβ-カロテンとトリプルで美肌効果をもたらしてくれます。貧血の人が摂るとよい鉄分、妊婦さんと赤ちゃんの体を守る葉酸も豊富。更年期のイライラには、菜の花を食べてカルシウム補給もできます。体のむくみをとるカリウムや便秘解消に効果的な食物繊維も含まれるので、ダイエットメニューにはぜひ菜の花を加えてくださいね!

菜の花のおすすめレシピ

β-カロテンは油と一緒に摂ると体内への吸収がよくなります。彩りを考えて菜の花、卵、ベーコン、トマトの炒め物はいかがでしょう。味付けは塩コショウだけにすると、シンプルな1品を楽しめます。菜の花はパスタやリゾットに加えても彩りよくおいしくいただけますね。新玉ねぎと一緒にかき揚げにするのもおススメです。

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP