ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

屋根と境界線との間隔は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 甲は、その土地に隣の乙所有地との境界線から50センチ離して自宅を建築しました。民法234条にしたがって建物本体つまり外壁は境界線から50センチ離したのですが、屋根のひさしが外壁から出張っていて境界線からは20センチしか離れていません。

 乙の要求があれば、甲は屋根を除去しなければならないのでしょうか?

(1)はい
(2)いいえ

A.

正解(2)いいえ

 民法234条は、建物を建てる場合には境界から50センチ以上離さなければならないと規定しています。
 一般的には屋根も建物の一部であると考えると、出っ張っている屋根も、境界から50センチ以上離れていなければならないことになります。

 しかし、民法234条の解釈上は、屋根は建物の一部ではないとされています。
 下級審の判例ですが、建物の側壁及びこれと同視すべき出窓その他建物の張り出し部分と境界線の最短距離を定めたのが民法234条であって、屋根は含まないとしたものもあります。

 したがって、屋根が張り出して、境界線との距離が50センチを下回っていても、隣地所有者の乙からの屋根除去要求を拒否することができます。

元記事

屋根と境界線との間隔は?

関連情報

境界に勝手に柵を作られた場合、相手をとがめる方法は無いでしょうか?(なっとく法律相談)
空き地を所有している場合雑草の除去は義務でしょうか?(なっとく法律相談)
隣地との境界に塀を建てたいが…(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP