ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桃ちゃん、浦ちゃん、金ちゃんの思い出の土地?日本昔話にゆかりのあるスポット5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは、日本各地に日本昔話にゆかりの場所があるということをご存知ですか?

幼い頃によく聞いた昔話、愛着のある方も多いでしょう。実はあなたがよく知っているあの場所が、あの主人公のゆかりの地かもしれませんよ?

 

では早速、日本昔話のゆかりの地を巡る旅へ出かけましょう。

 

桃から生まれた「桃太郎」

Photo by Nao Iizuka

桃から生まれた桃太郎が、お婆さんからきび団子を貰い、イヌ、サル、キジを従えて鬼ヶ島に鬼を退治しに行く桃太郎のお語は、日本人なら誰もが知っているのではないでしょうか?

日本昔話を代表するお話の1つですよね。そんな桃太郎にゆかりのある地を見てみましょう。

 

鬼が島の大洞窟(香川県)

Photo by Kentaro Ohno

香川県の女木島にある鬼が島大洞窟は、桃太郎伝説に出てくる鬼ヶ島の鬼が住んでいた場所だと言われています。

香川県の桃太郎のモデルは岡山県の吉備津彦命の弟(稚武彦命)とされており、大正3年に女木島で大洞窟が発見されたことから、それが伝説と結びついたようです。

洞窟の長さはおよそ400m。どこかユーモアのある鬼たちは、可愛げがありますね。

 

吉備津神社(岡山県)

Photo by pelican

photo by pixta

岡山県岡山市北区吉備津にある吉備津神社も、桃太郎ゆかりの地です。

吉備津神社の御釜殿には、岡山県南部の吉備地方に伝わる古代の鬼「温羅(うら)」が埋められています。

この鬼が悪事を働いたため、大和朝廷から派遣されてきた四道将軍の1人、吉備津彦命に首をはねられたという話が桃太郎伝説の元だと言われています。

 

竜宮城へ渡った「浦島太郎」

photo by pixta

浦島太郎のお話を、皆さんは覚えているでしょうか?

浦島太郎が子どもたちからいじめられていた亀を助けたことで、竜宮城に招待され、そのお土産の玉手箱をもらいます。

それを絶対に開けてはいけない約束だったのを浦島太郎が開けてしまったために、おじいさんになってしまうというあらすじです。

そんな浦島太郎のゆかりの地をご紹介します。

 

龍宮神社

photo by pixta

龍宮神社は、竜宮伝説発祥の地である長崎鼻にある乙姫様を祀った神社です。

海の守り神、浦島太郎、乙姫様が出会った縁結びの神様として大切にされています。

神社は薩摩半島の最南端に突き出た竜宮岬にあり、浦島太郎が竜宮へ旅立った岬とも言い伝えられているとのこと。

 

浦嶋神社

Photo by houroumono

丹後半島伊根町の浦嶋神社は宇良神社とも呼ばれ、日本最古の浦嶋太郎伝説が伝わる神社です。

「日本書紀」「万葉集」「丹後風土記」にも記述が見られるという浦島伝説。そしてここ「浦島神社」はそんな日本最古の浦島伝説が伝わっている場所なのです。

伝説の中で語られる玉手箱や絵巻などが、ここで今も大切に受け継がれています。

 

まさかり担いだ「金太郎」

photo by pixta

金太郎は、腕っぷしがとても強く優しい子どもです。そんな金太郎は、橋がなくて困っている動物たちのために大木をへし折って橋をかけてあげ、そこで出会ったクマを退治します。

そしてその後、源頼光にその力を認められ、家来となって悪者を退治していくというのが、金太郎のお話です。

 

金時神社

 

photo by pixta

金太郎は、坂田金時の子どもの頃の話だと言われています。その坂田金時の子孫の家があったところが金時神社です。

金太郎は、ここで姥(母・八重桐)に育てられていたといいます。そして、足柄峠を通りかかった源頼光に見出され、家来となりました。

 

子ども心を思い出そう

どの昔話のゆかりの地もとても興味深いですね。

昔話といえば子どもたちが楽しむものというイメージがありますが、大人になったとしても、このような情緒あふれる昔話のゆかりの場所を訪ねてみれば、子ども心が自然と蘇ってきそうです。

皆さんのお気に入りの場所は、どこですか?

関連記事リンク(外部サイト)

「日本に生まれて良かった」augment5の映像が美しすぎる。
群青色から浅葱色まで。日本が誇る◯◯ブルーの絶景10選!
【珍地名】命名した人のネーミングセンスを疑う。変な名前がついた日本の地名まとめ
日本国内にある「ジブリ作品のモデル地」と言われている場所をまとめました

TABIPPO.NET
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP