ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本から暴力団が消滅する状況はいかなる時なのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 過激な抗争が懸念され、実際に全国各所で抗争が勃発している。山口組分裂から約半年、「六代目山口組」と「神戸山口組」の衝突が急速に激化するなか、ついに警察は殺し合いを待たずに「抗争」と認定した。かつて抗争に乗じて「頂上作戦」と呼ばれる暴力団壊滅作戦を指揮してきた警察は、いま新たな勝負に打って出た。フリーライター・鈴木智彦氏が指摘する。

 * * *
 実をいえば暴力団員の暴力性に、そう大きな組織差はない。どの組織もいざとなれば相手を殺害するだけの凶暴さを持っている。どこに違いが生まれるかといえば、トップの腹のくくり方である。

 自分の人生を捨ててもそれに対する十分な見返りがあると判断できれば……たとえば家族の面倒をしっかりみてくれるという確証が得られれば、捨て身になる暴力団組員はどこにでもいる。

 腹の据わったトップの存在が、若い衆を屈強な軍隊に変貌させる。だから警察は遮二無二トップの検挙を狙う。法解釈をねじ曲げても、トップに打撃を与えれば、暴力性が薄まることを承知している。

◆「特定抗争指定」という槍

 また警察には改正暴対法による「特定抗争指定」というロンギヌスの槍を持っている。イエス・キリストの脇腹を貫いた聖なる槍同様、新設されたこの条項は暴力団組織に対するとどめの一撃になり得る。

 長期化した九州・道仁会の内部抗争を押さえ込むため、2012年の法改正で暴対法に新設された「特定抗争指定」を受けると、公安委員会が定める警戒区域内で暴力団の行動は大きく制限される。

 神戸山口組が指定暴力団となり、特定抗争指定になれば、組員らは両組織の本部及び、傘下団体すべての拠点に、掃除で立ち寄ることさえ出来なくなる。さらに対立する暴力団員への付きまとい、相手組織の居宅周辺をうろつくことも出来ない。仲間内で5人以上集まれば即逮捕だ。

 なぜこれがとどめの一撃になるかといえば、現在の暴力団の結束力が弱いからだ。

「いまのヤクザにはほとんど心の交流がない。親分子分といっても形骸化していて、大所帯になれば主流派と反主流派がいる。外様だって多い。たとえ1か月に一度であっても、直接顔を見合わせ、親分の威光を刷り込み続けないと、そうした人間は勝手な行動をはじめる。外部から壊れるのではなく、内部から腐って破滅する」(警察関係者)

 山口組も、神戸山口組も、特定抗争指定を受ければ大きな打撃を受ける。

 もちろんとどめの一撃は、暴力団に厭戦気分が漂っていなければ効果を発揮しない。ある程度暴力を発揮し、疲弊した段階でなければ実効性は生まれない。事務所が立ち入り禁止となっても、自宅として登録してあれば除外されるという盲点もある。

 双方ともすでに腹は括っているだろう。それでもこうした前哨戦に当事者意識は薄い。身近な人間が殺されたとき、初めて暴力団からままごと気分の組員が抜け落ち、自らのメンツを懸けた殺し合いがはじまる。このままの状態が続けば、自分たちの存在が脅かされる段階になってようやく、暴力団はその凶暴さを発揮し、「誰でも殺せ」の号令が打たれる。

 晴れて警察から抗争認定を受けた山口組の分裂抗争は、だから組員たちが本気になる前に潰すほかない。燃えさかる憎悪を一気に消し去るほど強力な武器を、警察はまだ手にしていない。

 山口組の抗争が警察と世論を刺激し続ければ、社会は暴力団の非合法化へと突き進むだろう。そうなったとき日本の暴力団はようやく消滅する。

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
暴排条例対策で山口組 破門状は郵送からファクスに切り替え
北九州市 住宅街から対戦車用RPG-26発見で開戦前夜の様相
司忍・六代目山口組組長が語っていた「弘道会の強さの秘密」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。