ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

展覧会『囚われ、脱獄、囚われ、脱獄』が都内6会場でスタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
unnamed (8)

2013年10月にXYZ collectiveで開催された『囚われ、脱獄』につづく展覧会『囚われ、脱獄、囚われ、脱獄』が都内6会場にてスタートする。

2回目の開催となる今回の展覧会は、作家数・会場数ともに拡大し、実行委員会を組織する5名の作家(荒木悠、磯谷博史、五月女哲平、竹崎和征、山根一晃)が、各会場のキュレーションを担当。この展覧会の大きなテーマは「枠」を思考するもの。言語、国境、しがらみ、視野、物質、など、あらゆるすべてのものが持つ範囲、人が生きていく以上あらゆる場所に生成されてゆく「枠」。アーティストはその既存の「枠」を、無くすことも、操ることも、飛び越えることも、意味の変容さえもおこすことができる。よりよい現実を手にするための試行と、アーティストの価値を改めて見直すことができる展覧会だ。

会期:2016年3月19日 – 4月17日
会場:駒込倉庫、KAYOKOYUKI、CAPSULE、SUNDAY、青山|目黒、statements (会期・開場時間は会場ごとに異なりますのでお気をつけください)
オフィシャルページ:http://toradatsu.teamblog.jp

参加作家:
青木陵子 / 青山根子 / 青崎伸孝 / 荒木悠 / 万代洋輔 / オリバー・ビア / シャルベル=ジョセフ・H.ブトロス / コブラ / 題府基之 / ハルーン・ファロッキ / アキラ・ザ・ハスラー / 磯谷博史 / 小関清人 / マーガレット・リー / ユーアン・マクドナルド / 松原壮志朗 /
ミヤギフトシ / 室井康希 / 西村有/ ウィル・ローガン / 齋木克裕 / 五月女哲平 / 砂入博史 / 高松次郎 / 高山陽介 / 竹川宣彰 / 竹崎和征 / 豊嶋康子 / カール・トゥイッカネン / 矢口克信 / 山根一晃

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。