ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromecast Audioをヘッドホンに接続して利用する場合の注意点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が 2 月に国内発売した「Chromecast Audio」は有線しかサポートしていない従来型スピーカーをワイヤレス化するのに役立ちますが、応用すれば(大したことではありませんが)有線タイプのヘッドホンもワイヤレス化できます。Chromecast Audio はアナログまたはデジタルのオーディオケーブルでスピーカーの外部入力端子に接続すると、スマートフォンやタブレットのアプリから音楽を転送できるようになり、スピーカーなどで再生できます。ヘッドホンの場合も同様に、外部入力端子に Chromecast Audio を接続すると、Google Play ミュージックなどのアプリの音をワイヤレスで視聴できるようになります。ただ、Chromeast Audio の動作には電源が必要なので、コンセントまたはモバイルバッテリーに接続しなければなりません。それならスマートフォンと直接接続すれば?と突っ込まれそうですが、Chromecast Audio には DSEE HX のようなアップコンバート機能(ハイダイナミックレンジ機能)があるので、そこそこな値段の密閉型ヘッドホンを利用すると、スマートフォンと接続して視聴するよりも音質は良く聴こえます。しかし、注意すべきことがあります。それはスマートフォンのアプリで Chromecast Audio を選択してワイヤレス接続する瞬間に「プチッ」と甲高い音が鳴り、耳に響くことです(ヘッドホンによっては鳴らないかも)。耳を悪くしないように接続時はヘッドホンを外しておくことをおすすめします。

■関連記事
LG、4月にG5用モジュールを開発できるソフトウェア・ハードウェア開発キットを公開
Galaxy S7 / S7 edgeのプリイン壁紙8枚がダウンロード可能に
Android版Chrome 49の最新版で「アプリとタブの統合」がデフォルト無効に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP