ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おいしいお酒とコーヒーが味わえる「森の図書室2号店」がオープン(3月18日・表参道ヒルズ)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオープン!

本と人をつなぐ
「森の図書室」


これは1号店の写真。カフェのようですが、図書室ならではのアイデアがそこかしこに。たとえば、図書委員長(代表)の森俊介氏が書いた『読書感想文コースター』。

ドリンクを頼むたびに、知らなかった本と出会えるきっかけがあります。

下の画像は、本の感想を書いて自由に貼れる掲示板。

コンセプトのひとつは『本で人がつながる』。実際に、ちょっとしたメモで気軽にメッセージが交換されている様子。

面陳列で配された『誰かの一番に出会える本棚』なら、友だちのオススメを見る感覚で、本を手に取れます。あなたのお気に入りの作品も置けるそうですよ。

ふと気になった本を手にとったら、いつのまにか没頭して読みふけっていたーー。そんな体験をして欲しいと、森委員長。ほかにはこんなコメントも。

「『耳をすませば』のように、本をきっかけに人が出会い、友だちができたり、恋が生まれたら素敵ですよね」。

2016年3月18日にオープンする「2号店」の場所は、2月に10周年を迎えたばかりの表参道ヒルズ。渋谷店にはないクラフトビールや日本酒も楽しめます。本とお酒でホッと一息つく時間は、想像するだけでも魅力的。フラッと立ち寄りたくなりますね。

Licensed material used with permission by 森の図書室

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
【奇跡の一枚】北極圏の近く(-40℃)でお茶をバシャ!
【SNSで話題】大晦日に開催された、東京・円融寺の「プロジェクションマッピング」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP