ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんな食材まで漬けられる!? 自家製みそ漬けに挑戦してみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「みそ漬け」といえば、大根やナスなどの野菜をじっくり時間をかけて漬け込むもの、というイメージがあるのではないだろうか。でも実は、市販の味噌と保存容器さえあれば、さまざまな食材を1~2日で漬けることができるというのだ! そこで今回は、ちょっと意外な食材を使って、お手軽みそ漬けに挑戦してみた。

卵黄だって超カンタンに漬けられる。しかもとっても美味!卵黄のみそ漬け

<材料>
卵黄……好きなだけ
だし入り味噌……適量

<作り方>
1.味噌と卵を準備する。今回はタッパーをみそ床に使用するが、分量は容器のサイズに合わせて準備しよう。

2.使うのは卵黄のみ。黄身が壊れないよう、スプーンで丁寧にすくい上げる。

3.容器の1/3くらいまで、平らにならして味噌を入れる。その上に厚手のクッキングペーパーを敷き、卵黄をそっと乗せる。ペーパーの上から味噌を指で軽くへこませておくと、しっかりと卵黄が埋まってくれる。

4.卵黄がくずれないようにそっとクッキングペーパーを乗せ、残りの味噌をかぶせるように乗せる。香りが逃げないように蓋をして、冷蔵庫で1日から2日ほど寝かせる。

5.みそ床から丁寧に卵黄を取り出す。指でつまんでも壊れないくらいハリのある、しかし内部はジューシーな触感に変わっている。これで完成だ。

6.そのまま食べてもいいが、白いご飯と一緒に食べるのがよりオススメだ。卵黄にじっくり染み込んだ味噌の芳醇な香りと、口の中でじんわりとろける食感がたまらない……! ご飯が何杯でもすすんでしまいそうだ。

クリームチーズのみそ漬け

<材料>
小分けタイプのクリームチーズ……好きなだけ
だし入り味噌……適量
みりん……味噌の1/3の分量

<作り方>
1.すべての材料をジッパー付きの保存袋に入れる。チーズ全体が漬かるように軽く揉みこみ、冷蔵庫で1日から2日ほど寝かせる。

2.クリームチーズを取り出し、味噌を軽く落とすようにサッと洗い流す。クッキングペーパーで水気を拭き取れば、できあがり。

3.短冊状にカットすると食べやすい。もともと濃厚なクリームチーズに、味噌の香ばしさとほどよい塩気が加わり、ちょっぴり濃い目の大人の味わいに仕上がった。日本酒のお供にピッタリだ。

正直、こんなに本格的なみそ漬けが自宅で手軽に作れてしまうとは驚き! このほかにも豆腐やアボカドなど、さまざまな食材がおいしく漬けられるそう。ぜひ試してみてはいかがだろうか?

(波多野友子+ノオト)

関連記事リンク(外部サイト)


「白だし」でワンランクアップの料理を目指しちゃおう!


意外と簡単! ジップロックで味噌を仕込んでみた


みそ汁がおいしくなる“ちょい足しアイテム”はどれなのか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP