ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美味しい八王子ラーメンの店はパンダネームが多い件 @『びんびん』八王子

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

恐らく日本で一番”八王子ラーメン”の記事を書いていると思われる筆者ですが、正直

「八王子ラーメンを推して誰得なのか?」

みたいな疑問も残ります。恐らく八王子周辺以外の人間には1㎜も響いていない事は間違いありません。世間的には八王子と言えば松任谷由実とマキシマムザホルモンくらいしか思い浮かばない事実も否めないでしょう。

ちなみに、この手の食べレポ記事を書いていると

「店から金を貰ってるんじゃないのか?」

と思う人が多数ですが、はっきり言って1円も貰った事がありません。

むしろ記事にする事を申告して、あわよくばサービスに有り付きたいし、無料で食べたいし、行列しないで入店したいし、お金を貰えるもんなら拒否はしないし、むしろ積極的に欲しい可能性は否定できません。

しかし!

あえて”お忍び”で訪れて、一般世間のピープルに混ざって行列に並び、同じメニューを食べるところに意味があるのです。この限りなく”一般の人と同じ目線”で書き続けるところに、もしかしたらニッチな需要があるんじゃないかなと。

そう思った次第です。はい。

八王子にある『びんびん』

ほぼ趣味の域というか、記者というよりブロガーと同レベルな感じの筆者ですので、逆にその自由度を生かして八王子でもマニアックな

『びんびん』

を紹介したいと思います。いや、そもそも八王子ラーメンとか超ローカルな記事を、全国配信して大丈夫なのって話ですけどね。

(※編集部注 大丈夫です!)

ちなみに八王子ラーメンの店には『タンタン』とか『みんみん』とか『びんびん』みたいな

「パンダネーム」

が多いのですが、さしてパンダは関係ありません。恐らく語呂が良いから付けたのかと思われます。この八王子ラーメン特有の風土というか、八王子市民の気質というか

「ラーメンが美味ければ名前は関係ない」

みたいなドライな感じが筆者は好きですね。パンダネーム系は確かに微妙に覚えやすい店名ですし。

『びんびん』はメニューが豊富である

そして、あまりイジる部分のない店なので、ここはサクっと進みます(本当は店主とか凄いんですけどね)。

基本的に八王子ラーメンの場合ほとんどがラーメン専門店で、下手をすればライスすらない店も少なくないのですが、この『ビンビン』はメニューが豊富です。

しかも、どのメニューもちょいちょい気になる”コダワリ”が、さりげなく店のあちこちにアピールしてあったりして……。

八王子ラーメンの枠だけに収まらない、料理に対する情熱をメニューから感じる事が出来ます。筆者的には『つけ麺』とか気になりますね~。餃子も美味しそうですし機会を見て再訪してみます。

『びんびん』の『ラーメン』(600円)を食す!

そして実食!

ぱっと見た感じ、まさに普通の”八王子ラーメン”のグラフィックですね。特に可もなく不可もなしです。しかし、そのスープを一口飲んでみると印象がガラリと変わります。

「コレは…… キテるかもしれんね」

基本的に「八王子ラーメン」のスープは、目指した店が『初富士』なので似た感じになりがちですが、実は店によって結構違います。

動物系の出汁だけで作る店や、それに”煮干し系”を加える店もあります。そんな中で、この『びんびん』のスープはひと味違いますね。

比較的シンプルな構成と言うか具材でスープを作る”八王子ラーメン”ですが、この『びんびん』はパッと材料が思い浮かばない的な何かです。

正直、このようなラーメンのスープに関するディティールは、色々な意味で記者泣かせなのですが、この『ビンビン』の場合、店の外に説明文があったので助かりますw

サクっと読むと『ビンビン』のスープには、フルーツとか野菜もふんだんに使っている模様です。

「そのままか!」

って突っ込みは甘んじて受けましょう。ここは自分のプライドよりも”正確さ”が大事な場面ですからね。

『びんびん』の麺が美味かった件

先ほど『タンタン』で食べた麺よりも、若干細いような気がしますね。直後に比べないと分からないレベルですが、確実に細いです。

ラーメンの麺は細くなればなるほど、より茹で加減が難しいのですが、今回は良い茹で加減でした。

若干、店主が若手に作らせていたのが見えたので微妙に黄昏れた筆者ですが、これならまあ大丈夫ですかね?

チャーシューは肩ロース

そして『びんびん』のチャーシューは”肩ロース”で御座います。

この写真を見れば分かると思いますが、これは”レア”なのでは無く”低温調理”で作った可能性が大です。チャーシューの”低温調理”は比較的新しい手法で、八王子ラーメンでは筆者が今までに食べた店では皆無でした。

スープもそうですが、ココら辺の”新しい手法”を八王子ラーメンに取り込むって姿勢に好感が持てますね。

ちなみにチャーシューも、美味しかったと言っておきましょう。

『びんびん』 総評

あまり八王子ラーメン的にはマークしていなかった『びんびん』ですが、やはり訪れて食べてみないと分かりませんね。ちょいちょい美味しい八王子ラーメンなので、また再訪する事は確定です。

八王子ラーメンと言う決まった枠に収まらず、より美味しいラーメンを追求しようとする純粋さが素敵ですね。確かに今現在は行列な店ではないかもですが、きっかけさえあればブレイクするラーメン屋さんかと思われます。

ちなみに”八王子ラーメンマニア”としての目線で見ると、『びんびん』は正直なところ普通ですかね?

いや、そこは『タンタン』や『吾衛門』が突出しているだけの話でして、八王子全体のレベルの高さを踏まえると十分に美味しいラーメンであり、『びんびん』のラーメンを食べて後悔する事はないと言っておきましょう。

そして、未来の”伸びしろ”を考えると、これは筆者的に注目のラーメン屋さんです。

と、言う訳でみなさんも『びんびん』に訪れてみて下さい。どのメニューも工夫と手間をかけているので、きっと美味しい料理が食べられると思いますよ。

『びんびん』

住所:東京都八王子市子安町1-8-17

営業時間 11:00~20:00
定休日:年中無休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP