体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美味しい八王子ラーメンの店はパンダネームが多い件 @『びんびん』八王子

binbin-1_R

恐らく日本で一番”八王子ラーメン”の記事を書いていると思われる筆者ですが、正直

「八王子ラーメンを推して誰得なのか?」

みたいな疑問も残ります。恐らく八王子周辺以外の人間には1㎜も響いていない事は間違いありません。世間的には八王子と言えば松任谷由実とマキシマムザホルモンくらいしか思い浮かばない事実も否めないでしょう。

ちなみに、この手の食べレポ記事を書いていると

「店から金を貰ってるんじゃないのか?」

と思う人が多数ですが、はっきり言って1円も貰った事がありません。

むしろ記事にする事を申告して、あわよくばサービスに有り付きたいし、無料で食べたいし、行列しないで入店したいし、お金を貰えるもんなら拒否はしないし、むしろ積極的に欲しい可能性は否定できません。

しかし!

あえて”お忍び”で訪れて、一般世間のピープルに混ざって行列に並び、同じメニューを食べるところに意味があるのです。この限りなく”一般の人と同じ目線”で書き続けるところに、もしかしたらニッチな需要があるんじゃないかなと。

そう思った次第です。はい。

八王子にある『びんびん』

binbin-12_R

ほぼ趣味の域というか、記者というよりブロガーと同レベルな感じの筆者ですので、逆にその自由度を生かして八王子でもマニアックな

『びんびん』

を紹介したいと思います。いや、そもそも八王子ラーメンとか超ローカルな記事を、全国配信して大丈夫なのって話ですけどね。

(※編集部注 大丈夫です!)

binbin-9_R

ちなみに八王子ラーメンの店には『タンタン』とか『みんみん』とか『びんびん』みたいな

「パンダネーム」

が多いのですが、さしてパンダは関係ありません。恐らく語呂が良いから付けたのかと思われます。この八王子ラーメン特有の風土というか、八王子市民の気質というか

「ラーメンが美味ければ名前は関係ない」

みたいなドライな感じが筆者は好きですね。パンダネーム系は確かに微妙に覚えやすい店名ですし。

『びんびん』はメニューが豊富である

binbin-10_R

そして、あまりイジる部分のない店なので、ここはサクっと進みます(本当は店主とか凄いんですけどね)。

基本的に八王子ラーメンの場合ほとんどがラーメン専門店で、下手をすればライスすらない店も少なくないのですが、この『ビンビン』はメニューが豊富です。

binbin-13_R

しかも、どのメニューもちょいちょい気になる”コダワリ”が、さりげなく店のあちこちにアピールしてあったりして……。

binbin-16_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。