ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Yun*chi、「SXSW2016」で“脈波”を使った最新インタラクティブライブが大盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ・テキサス州オースティンにて開催中の世界最大のビジネスとコンテンツの祭典SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)。「SXSW JAPAN HOUSE 2016」と題したオフィシャルイベント内で、3月15日にYun*chiの“脈波”を使った画期的なインタラクティブライブが行われ大盛況となった。

「Yun*chi Interactive LIVE Showcase presented by NTT」と題し行われた本ライブは、パフォーマンスをするYun*chiの“脈波”が、リアルタイムにステージ上の映像を変化させるという画期的な演出が施された。

日本の着物をアレンジした衣装に身を包んだYun*chiが登場すると会場は大きな歓声で包まれる。NTTの研究所が開発した面型脈波センシング技術を用い、リアルタイムに取得したYun*chiの脈波データを、ステージ映像にリアルタイムにインタラクティブに反映するという画期的な演出に観客は大興奮となった。

ライブでは、最新アルバム「Pixie Dust*」に収録されたCharaプロデュースの「Jelly*」や、アニメ「ログ・ホライズン」ED「Your song*」「Wonderful Wonder World*」など全9曲を披露。終演後も会場内でサインや握手を求める人や現地マスコミが長蛇の列を作るなど、ライブは興奮の中大熱狂に包まれた。

また、ライブ後にはNTTの技術「Kirari! for Mobile」を用いた、スマートフォンと組合せて使用するペーパークラフトが観客に配布された。立体的に映し出されたYun*chiの姿を手のひらで鑑賞出来る。Yun*chiのプレミアム映像コンテンツを期間限定で視聴することが可能で、ライブとともにこちらも大きな話題になっている。

Yun*chi コメント
憧れのSXSWに初めて参加出来て興奮しています。ステージ上のYun*chiの「ドキドキ」をリアルタイムに映像にして伝えるという演出が、世界中から集まった人達に伝わるか心配でしたが、たくさんの声や拍手を頂けて会場と一体になることができました。今回のライブをきっかけにより多くの人がYun*chiの音楽や日本の技術に興味を持ってくれたら嬉しいです。

NTT社詳細
http://www.ntt.co.jp/news2016/1603/160303a.html

JAPAN HOUSE
http://jpnhouse.com/release160303/

関連リンク

Yun*chi オフィシャルサイトhttp://yunchi.asobisystem.com/
Yun*chi YouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/YunchiChannel

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP