ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

台湾に到着したら登録したい無料Wi-Fiサービスまとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Photo credit: Jun「初めての台湾。」

Photo credit: Jun「初めての台湾。」

こんにちは。Compathy MagazineライターのOkkAです。
海外旅行に行った先でインターネットが繋がるかどうかは心配の一つではないでしょうか?
一昔前は海外で携帯電話を使って高額な料金請求がきたという話もありましたが、台湾はWi-Fi環境が整ってきているのでWi-Fiを使えば無料でインターネットを利用することができます。
しかし現地でWi-Fiを使うには登録が必要な場合がほとんどです。現地の言葉で書かれているので難しく思うかもしれませんが、順を追って登録していけばそれほど複雑ではありません。今回は台湾で日本人がよく使うWi-Fiの種類と登録の方法を紹介したいと思います。

台湾の優れたWi-Fi環境

台北は日本に比べWi-Fi環境が整っています。ほとんどのホテルで無線LANが使えますし、有線LANが使えるところもあるので安定した通信を行うことができます。
台湾で有名な無料Wi-Fiは「iTaiwan」「Taipei Free」「セブンイレブンのWi-Fi」「伯朗珈琲館のWi-Fi」「Air port free Wi-Fi」の5つ。登録手続きをすれば指定の場所でWi-Fiを使うことができますよ。

iTaiwan

台湾のほとんどの地域で使うことができる無料の公共無線LANサービスです。
台湾の地域ごとに提供されていて、台北市政府の「Taipei Free」、新北市政府の「New Taipei」、台中市政府の「iTaichung」、台南市政府の「Tainan-Wi-Fi」など地方自治体が運営するWi-Fiと相互利用することができるのでとても便利です。
空港のインフォメーションセンターでパスポートを提示して生年月日とメールアドレスを登録すれば使うことができますが、インターネットで事前登録しておけばスムーズに手続きが済みますよ。

登録手順

1. iTaiwanサイトの「散客線上登記」をクリックしてください。
出典:Tourism Bureau

出典:Tourism Bureau

2. 「預定入境日」に到着日、「國家(地區)」にJapan、「護照號碼」にパスポート番号を入力してcheckをクリックすると「生日」「申請天數」「電子信箱」「入境機場」の項目が出てくるので順番に誕生日、滞在日数、メールアドレス、到着空港を入力してください。入力が終わったら「送出」をクリックして事前登録は完了です。
出典:Tourism Bureau

出典:Tourism Bureau

Taipei Free

台北市が提供している無料の公共無線LANサービスです。公共施設、夜市、MRTの駅など使用できる場所が数多くあります。登録は松山空港、台北駅、MRT各ターミナル駅、観光スポットにある旅行サービスセンター、台北市の主なホテルで申請、またはインターネットで登録が可能です。

登録手順

1. Taipei Freeホームページの中央にある「無料アカウント申請」をクリックしてください。
出典:http://www.tpe-free.taipei.gov.tw/

出典:http://www.tpe-free.taipei.gov.tw/

2. 国選択で「Japan」を選ぶと携帯番号入力欄に国際番号「81」が表示されるので、その後ろに携帯番号を入力していきます。その際電話番号の最初の「0」は取ってください。例えば「090-1234-5678」の場合は「819012345678」といった具合です。

3. パスワードとメールアドレスを入力し、規定の同意にチェックをしたら「次へ」をクリックしてください。
出典:http://www.tpe-free.taipei.gov.tw/

出典:http://www.tpe-free.taipei.gov.tw/

4. 入力した電話番号にSMSで認証コードが届くので、認証コードを入力して「次へ」をクリックしてください。
出典:臺北市政府

出典:臺北市政府

5. 登録完了です。ログイン画面でユーザーID(登録した電話番号)とパスワードを入力するとTaipei FreeのアクセススポットでWi-Fiを使うことができます。
出典:臺北市政府

出典:臺北市政府

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。