ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドルカレッジ 東名阪ツアースタート 4/2ファイナル公演に向けて大発進

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月20日に新アルバム『idollcolege』をリリースするアイドルカレッジ。東名阪ライブツアー【アイカLet’s東名阪ツアー2016~「ア」なたと「イ」ま「カ」ら「レ」ぼりゅーしょん!!~】の大阪・名古屋公演を、3月12日 大阪サンホール、3月13日 名古屋RADHALLで開催。そのレポートが到着した。

アイドルカレッジ その他のライブ写真一覧

 アイドルカレッジとしてのワンマンでのライブツアーは初めてとなるため、メンバーも期待に胸を膨らませて挑んだ今回のライブは、ニューアルバム『idollcolege』のリードチューンとなる「がむしゃらファイター」を含む怒涛の20曲を各会場で披露。アイドルカレッジと派生ユニット UP’sCOLLEGEの総勢19人という大人数を生かして、アイドルカレッジのメンバーが中心のステージ、UP’sCOLLEGEメンバーが中心のステージ、全員でのステージを組み合わせて、まさに息つく間もないステージとなった。

 大阪サンホールでは、アイドルカレッジの新体制初シングルとなった楽曲「あのコが、髪を、切らない理由。」からスタート。「制服恋物語」「NGワード~キミガスキ~「トゥルーエンド プレイヤー」「イチズレシピ「少女卒業」「ビーマイ☆ゾンビ」「#常夏女子希望!!!」「イチゴパフェ」「YOZORA」などの人気曲を一気に披露。アンコールはメンバー全員がライブツアーTシャツで登場し、会場一体となる「ONE FOR ALL」などを披露した。 

 名古屋RADHALLでは、セットリストを大幅に変えて「トゥルーエンド プレイヤー」でスタート。「ハルモニア」「Myself」「I can~初期衝動~」「流星群~meteor stream~」「恋なのです」「チアマジック」「シグナル~あなたに届け~」「シャウトイット」「ぬうべるばあぐ」「二人の未来」「ワタシークレット」など大阪とは違う楽曲が、全20曲中11曲という、何度見ても新鮮に楽しめるライブとなった。

 そして、東名阪ツアーの最終日は4月2日 shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて開催。持ち歌の多いアイドルカレッジだけに、どんなセットリストが飛び出すかわからないライブツアー最終日に期待しよう。

◎南千紗登コメント
「最初はどれだけお客さんが来るのか とか初めてやる事もあったから大丈夫かなとか、楽しみな気持ちもありつつ、不安がありました。でもいざライブスタートしてみて遊びに来てくれたクラスメイトさんの熱気や、メンバーの緊張を越える“楽しむぞ!”って気持ちが伝わって来て、本当に最高の2日間になりました。初めて私達を観に来てくれた方もいて、楽しんでもらえたのが握手会て分かったり 東京がもっと楽しみになったって声も聞こえて。全員でツアーが出来て本当良かったです! 残すファイナルは、この2日間の良かったとこや反省点を生かし、会場に来た全員が全てを出し切って立ち上がらないくらいの最高なライブにしたいです!」

◎ライブツアー【アイカLet’s東名阪ツアー2016~「ア」なたと「イ」ま「カ」ら「レ」ぼりゅーしょん!!~】
4月2日(土)shibuya duo MUSIC EXCHANGE
OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売り ¥3,000(税込)

関連記事リンク(外部サイト)

アイナ・ジ・エンド(BiSH)『IDOL AND READ 006』発売記念トークショー&サイン会に登場
アフィリア・サーガ アヤミ・チェルシー・スノウ卒業ライブを映像化 5/18キャラアニ.comにて発売決定
ももいろクローバーZ LIVE Blu-ray&DVD『ももクロ男祭り2015 in 太宰府』CM映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP