ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「うちの旦那はATM。生活費を稼ぐだけ、育児機能はナシ!」と私が悟るまで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初めての出産を経て、3年と4ヵ月が経ちました。

私にとっては、今までの育児体験がすべて初めての経験で、貴重な毎日だと感じています。

しかし…成長していく子供と比べ、旦那は子育てや家事に非協力的。

それどころか、子供に叱られるようになり、子供より子供みたい。

結婚当初から子供があまり好きではないと言っていた旦那ですが、自分の子供が生まれたら、きっと好きになるんじゃないかと期待していました。

が、期待なんてするもんじゃないと痛感しました。

旦那は、毎晩お酒を飲む人で、普段は気が小さいのに、お酒を飲めば飲むほど気持ちが大きくなるタイプの、いわゆる酒に飲まれるタイプ。

結婚してからも、妊娠してからも、さらに子供が誕生してからも…飲み歩いては連絡なしに帰ってこないことも週1以上ある生活。

どんなに私が育児で疲れていようが、体調を崩そうが、子供が熱を出そうが、まったく変わらない。

違った意味で芯の強い男だと感じました(もちろん悪い意味です)。

子供が3歳になって保育園に通うようになり、会話が出来るようになってどんどん成長して、最近は子供によく叱られています。

「お酒やめなさい!」

「スマホやめなさい!」

「片付けなさい!」

「自分のこと自分でやりなさい!」

子供は私の言動をよく見ていて、よく聞いているなと思いました。

これまでの育児はほぼ一人でこなしてきました。

そのため、友人らと会うこともなかなか出来なかったり、思うように身動きが取れなく行き詰まったりすることも多々ありました。

その間の旦那は、何ひとつ変化しない生活を送っていました。

不満は次第に苛立ちへと変わっていき、何か思い知らせる方法はないかと考えて知人に相談したところ、

「男は子供のまま。旦那の事はATMだと思え」

というアドバイスでした。

ん?と思いましたが、要するに

『生活費を稼いでいてくれれば、それだけでいい。ATMと同じように、お金が必要な時だけ利用する感覚でいることで、気持ちが楽になる』

という意味でした。

それから徐々に苛立ちも消え、旦那に対しては何も求めないという考えに変わり、今に至ります。

アドバイス通り、ATMという認識でいたら、なんだか気が楽になりました。

「生活費を稼いでくるだけ、育児協力はできない」

そんな風に思うことで、今では意外と夫婦の関係はうまくいくようになったのです。

元々自由でいたい旦那、求めたり期待するから苛立つ。

けれど、考え方を変えれば喧嘩も減り、うまくいくこともあるんだなと。

違う方向に向かってる気もしますが、うちはこの方法で上手くいくようになりました。

著者:ちゃい

年齢:3歳

子どもの年齢:30歳

宮城県在住の一人息子を持つ一般的な主婦です。性格は明るい、しかし実は繊細なガラスのハートの持ち主。旦那には厳しいタイプでかかあ天下。趣味はピアノ、カラオケ。現在、息子のために2人目を妊活中ですがなかなか出来ず、頑張ってる所です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

子煩悩になるはず!そう思っていた主人の態度が産後、真逆に…1人で耐えた育児生活
検診のたび「◯◯円かかった」、挙げ句は子供を出産費用で換算!?お金重視の夫に呆然
優しく子ども好きだったはずの夫が急変!怪しい行動に、携帯をチェックしてみたら…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP