ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

船越英一郎と松居一代 トランプ氏物件も離婚のハードルに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年1月に女性セブンがフナコシ英一郎(55才)と松居一代(58才)の離婚危機を報じてから2か月が経った。今なお船越は松居の待つ自宅に戻らぬままだ。離婚問題の進展について、船越の知人が語る。

「今回、船越さんの“離婚する”という意思は揺るぎない。今は別居中ですが、最終的にきちんとした形をとると言っていました。ただ、1つ“足かせ”になっている問題があるそうです。松居さんと共有名義の不動産です。これをどうするのか。解決するために、法的な手続きをいろいろ調べているそうです」

 2000年、都心に5億円の大豪邸を建てた船越と松居。土地は松居の持ち物で、建物は5分4を松居、残りを船越が所有している。

「夫婦はさらに、ハワイのワイキキにも億ションを所有しています。今、全米で話題の大統領候補、ドナルド・トランプ氏の経営する超高級ホテル内の住居棟で、値段は1室1億~2億円はします。数年前に松居さんが“絶対に儲かるから”と投資目的で購入したそうですが、これもローン含めて夫婦共有名義だそうです」(前出・船越の知人)

 離婚問題に詳しい北村明美弁護士が語る。

「多くのかたが離婚時にこの共有名義の不動産で揉めます。結婚後に購入した自宅の場合、どちらがどのような割合で登記していようと、基本的に財産分与は半々で分けます。

 また、ローン返済が残っている場合、ローンは夫婦が連帯債務者になっているケースが多い。例えば離婚後に妻が出て行き、夫がその家に住み続けたとして、彼女は住んでもいない家のローンを今後払わなくてもいいように、連帯債務者からはずしてもらいたい。そのためには夫にローンの借り換えをしてもらう等が必要になります」

 連帯債務者にならないために、購入時に共有名義にしなければいいのか、というとそう単純な問題でもない。

「所有者が片方だけの名義だと、勝手に売られる危険性がある。共有名義だからこそ、それを防げるというメリットもあるんです。簡単な解決策のない、難しい問題です」(前出・北村弁護士)

 船越は収入的には安定しており、共有名義の不動産に執着は見せていないという。

「“とにかく早く解決したいんだ”って話していました。今の彼にとっては、離婚できるかどうかだけが最大のハードル。ただ、肝心の松居さんに別れる意思がなく、一切話し合いに応じる状態ではないみたいで…」(前出・船越の知人)

 3月中旬のある夕刻、女性セブンは別宅から出てきた船越を直撃した。

──松居さんとの離婚の話し合いは進んでいますか?

 船越はその問いかけに無言を貫き、事務所の車に乗り込んで去って行った。

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
松居一代の逆DV やはり番宣だったことをカミングアウト
私生活切り売りする松居一代に船越英一郎の両親顔をしかめる
船越英一郎 妻・松居一代から1日最低5回の電話求められる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP