体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

睡魔よさらば、何としてでも目を覚ましたい時の必殺ワザ <みんツイ研> 

みんなのTweet研究会”では、同世代のTweet内容をデータ分析のエキスパート企業さんと一緒に分析し、頻出したキーワードを元に大学生ライターが記事にしていきます!

Tweet内容分析の結果、1位になったのはやっぱり「学校」。そして、「勉強」もかなり上位に並ぶ結果となりました。学校で勉強といったら、みんなが戦っているのは…、“眠気”ではないでしょうか?!寝ちゃだめだ、ノートを書かないと…そう思えば思うほど、いつの間にか船を漕いでいる…なんてこともあるのでは?!

今回は高校時代、日々睡魔と闘っていた経験を基に、眠気を吹き飛ばす方法を紹介します。

「手のツボを押す」

これは眠気覚ましの王道ですね。手の平の真ん中や親指の付け根など、押してみて「イタ気持ちいい」と思うポイントを探してみましょう。

手の平や甲には、血行を促進して眠気を覚ますツボがたくさんあります。本やインターネットで調べてみるのもいいかもしれませんね!手のツボ押しは、机の下でこっそり出来るのもおすすめのポイントです。

「目薬を差す」

この方法は、わたしもかーなーり多用していました(笑)。鞄やポーチの中でなく、筆箱の中に目薬を常備している友達もいましたね。

うるおい重視のものよりも、爽快感重視の刺激的なものを選ぶのがコツ。商品によっては箱に爽快感が段階表示で書かれているものもあるので、ここは思い切って刺激MAXの目薬を選択しましょう。メントールの力で強制的に目覚めること間違いなし!目の疲れも癒せて、一石二鳥です。

「さんま、冷蔵庫、ガジュマル…”ひたすら手を動かす”」

「眠くなりそうだな~」と感じた時に。これは最近始めた方法なのですが、なかなか効果がありました!ノートやプリントの隅っこに、頭に思い浮かんだ単語を次々に書いていくのです。

後で見直してみると、「さんま」「冷蔵庫」「ガジュマル」などなど、なぜそれが浮かんだ?と首を傾げたくなる言葉も多いのですが、それもまたおもしろいです。いったん授業を追うのを諦めて、「やるぞ!」と一気に試してみてください。短期集中決戦で、眠気に勝利できるでしょう。

「(休み時間に)ガムやタブレットを食べる」

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。