ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あら、お洒落になっちゃって!登場して16周年の「キリン 生茶」が味もパッケージもリニューアル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

登場して16周年を迎える「キリン 生茶」。2016年3月22日に、味もパッケージも新しくなってリニューアル発売されます。

商品を選ぶとき、「なんとなく無難だから」という理由で選ばれることが多いというペットボトル入りの緑茶。新しい生茶は、伝統や常識にとらわれず緑茶の革新に挑戦。これまでの日本茶を変えたい、という思いで生茶が生まれ変わります。

0121_02_b

茶葉を摘む1週間前に遮光幕をかぶせる”かぶせ茶”。日光を遮ることで、茶葉の甘味成分の一つである茶葉アミノ酸(テアニン)が渋み成分のカテキンに変わるのを防いでお茶のあまみを引き出すんですって。一手間かけられたかぶせ茶は玉露の甘みと煎茶の爽やかさのいいとこ取りなお茶です。新しくなった生茶にはこのかぶせ茶を使用。

従来より細かくカットした生茶葉を低温で丁寧に抽出してから、最新テクノロジーで茶葉を丸ごと微粉砕した粉末茶を加えることで、深いコクと軽やかな余韻が続く新しい味わいを実現した生茶。お茶のいいところがまるごといただけます。

緑茶の本質を大事にしつつ、革新的な緑茶に生まれ変わった生茶は、ガラス瓶をイメージしたペットボトルにスタイリッシュなグリーンの和モダンなラベルのパッケージになりました。首のところが長くって、すっとしたペットボトルがお洒落です。ラベルにはおいしさへのこだわりが書いてあるので、手にとった方はぜひ読んでみてください。

リニューアルした「キリン 生茶」は2016年3月22日から全国で発売です。

生茶|ソフトドリンク|商品情報|キリン

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

おにぎりをカップにポン!永谷園から「カップおにぎり茶づけ」発売
ホントに桜入り!桜の花と葉を使用したビール「さくら」が限定発売
和小物のように持ち歩くのも楽しい「振ってつくる緑茶」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。