ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国4ブロックで発売「春きらきらくじ」それぞれの特徴解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1等・前後賞合わせて7000万円が当たる「春きらきらくじ」が、3月19日(土)から31日(木)まで、1枚200円で発売される。年度末を飾る節目の宝くじとして、大きく当てて新年度につなげたいところだ。この宝くじは全国を4つのブロックに分けて発売されるが、ブロックごとの特徴は次のようになっている。

【東京都宝くじ】
 300万円と10万円の当せん確率は、どちらも全ブロックの中でトップ。さらに、下4ケタの抽せんで10万円が当たるのは東京都だけだ。

【関・中・東宝くじ】
 特別賞の「春きらきら賞」(1万円)が最も当たりやすい。もし30枚購入した場合、約10人に1人の割合で1万円以上が当たる。

【近畿宝くじ】
 発行枚数が最も少ない近畿は、当然ながら1等の確率が最も高い。グリーンジャンボの1等と比較すると、何と約7倍もの当たりやすさ。

【西日本宝くじ】
 全体的にバランスがよく、特に1~10万円の中間賞金が優遇されている。また、西日本宝くじのみに存在する3万円も魅力。

 なお、昨年の「春きらきらくじ」の高額当せんが未換金の状態だという。支払期限が迫っているので、もう一度、ご確認を。

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
春きらきらくじ 1万円当せん率が大幅にUPしているのが特長
1等前後賞合わせ1億円の春きらきらくじ 当たりやすい番号は
1億円「春きらきらくじ」 データから当たりやすい数字算出

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP