ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暴力団とずぶずぶの「危ないデカ」が続々と現場復帰

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 山口組が「六代目山口組」と「神戸山口組」に分裂してから約半年、両者の衝突が急速に激化するなか、ついに警察は殺し合いを待たずに「抗争」と認定した。そんな中、警察にも異変がおきているという。フリーライター・鈴木智彦氏が指摘する。

 * * *
 警察にはセクト主義という大問題がある。日本のシステムは自治体警察で、警察官は各都道府県が管轄する地方公務員なのだ。警察庁はあくまで省庁だから、実際の取り締まりはそれぞれの警察組織に一任される。暴力団が広域化し、全国のあちこちで事件を起こすというのに、捜査はそれぞれの地方の警察がバラバラに管轄するのだから、暴力団のほうが先進的ともいえる。

 警視庁と神奈川県警、大阪府警と兵庫県警、福岡県警と佐賀県警など、隣接する県警同士に強烈な縄張り意識が存在する。当然、地元警察が事件を仕切る。暴力団はこのぎくしゃくした人間関係を巧みに利用する。

「それぞれの県警にS(スパイの隠語)がいる。自分たちの所轄のことは教えてくれなくても、他の捜査情報なら教えてくれる。警視庁は神奈川県警から情報が抜けるので、暴力団事犯は連携できないと思っているらしい。我々にとっていい警官は、見返りをくれる人間」(神戸山口組幹部)

 警察が暴力団取り締まりを重要視し、内部情報を探ろうとすれば、暴力団はその見返りを要求する。

 たとえばある県警は、かつて暴力団に取り込まれた刑事の汚職が表面化し、ずぶずぶの関係にあった人間を現場から遠ざけた。しかし、背に腹は替えられず、閑職に追い込んだ刑事を現場に戻しているという。

「暴力団との癒着がうるさく言われるようになったあとも、情報をとってくる能力のある刑事は、他団体の書状の現物をその日のうちに入手する。でもそんな刑事は全国でも何人かしかいない。どの警察も自分たちの管轄で遅れをとれば不名誉になる。情報収集能力があっても警察のネタを漏らしてしまう“危ないデカ”があちこちで戻って来ている」(山口組幹部)

 暴力団たちは冷静に警察を観察している。

 とはいえ、ヤクザは決して国家権力には勝てない。警察がメンツを潰されれば、最終手段を講じてくる。幹部たちは微罪で収監され、誰かが長期刑という犠牲を払わされるだろう。

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
暴排条例対策で山口組 破門状は郵送からファクスに切り替え
山口組分裂 警察は危機感煽り双方を追い詰め兵糧攻めを狙う
暴排条例反論の山口組組長に「的を射ている部分ある」の声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP