ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事、家事、そして育児。夫婦お互いの得手不得手も取り入れた、我が家なりの役割分担

DATE:
  • ガジェット通信を≫

育児を行うにあたって、今までとは家事の役割分担も生活の役割分担も異なります。

妊娠中は妻が切迫流産になったこともあって、家事は私が全部担当していました。

子供が生まれてからも、妻は子供、私は家事と役割分担してなんとかやってきました。

我が家は自営業なため、妻と2人で働いています。

私が社長で妻が従業員と言う関係です。

私が外に営業に行って、妻が自宅で仕事をこなすと言う組み合わせでどうにか5年、やってきました。

どうしても家庭でも私がリーダーシップを取りがちなのですが、夫婦は対等。

平等に進まなければなりません。

今のところ、妻は自宅で働いているので家事もしてくれています。

産後1週間で仕事復帰した妻は仕事がいきがいです。

ですので自宅でガッツリ働いているので、家にいるからといって家事をすべてまかせるわけにもいきません。

子供を見てくれているだけで十分です。

なので私も家事、とくに洗濯と掃除を積極的に担当しています。

子どもはまだ小さいので、家はキレイにしておかなくてはなりません。

また子どもは健康なのですが、私は幼少期に川崎に住んでいてぜんそくを発症したこともあって、遺伝が怖いです。

今のところは環境もよく、子育てには最適の住まいなのですが、それでもいつ何があるかわかりませんので、掃除はこまめにしています。

妻も家事は苦手なキャリアウーマンだったのですが、いまは家事もがんばって一生懸命やっています。

がんばっている姿はいとしさを感じさせます。

私も本音はできれば家事はしたくないのですが、これも役割分担と思いやっています。

もともと私のほうがきれい好きなのもあって、現在のところ、妻が育児と料理、私が掃除洗濯を担当しています。

とはいえ、全自動洗濯機とルンバを導入してだいぶ楽になりましたが。

次は食器洗い乾燥機がほしいですね。

私としては、今後は収入を伸ばし、外注もうまく頼って生活の質をあげていきたいと考えています。

そして夫婦でしかできない子育てに注力したいです。

著者:K16

年齢:47歳

子どもの年齢:3歳

インターネット会社経営のKといいます。会社は社長の私と妻の二人で二人三脚。私のワンマンなリーダーシップを家庭と仕事を両立した妻に支えられて5年、子供も生まれてがんばっています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

あの日、帰宅難民になったパパが考える、夫・父として意識しておくべき2つのこと
「言わなくても分かって」「なんで○○してくれないの?」のトラブルを防ぐ、夫と私の家事分担術
わたし、想像以上に、しんどい。 これで伝わる!妻から夫への『大変さ』の伝え方 by うだひろえ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP