体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

舟下り、夜桜、サトラレ桜など…。岐阜の桜名所10選

苗代桜アイキャッチ

四季折々の変化が楽しめる日本の自然。

春の最大の贈り物はやはり「桜」ではないでしょうか?

桜が咲き始めるとなんだかウキウキして、今年はどこに見に行こう?と悩みは尽きないもの。

今回ご紹介するのは岐阜の桜名所。夜桜の美しい「苗代桜」、樹齢約1100年の「臥龍桜」などのしっとりした一本桜から、電車から見る桜のトンネル、遊園地の観覧車から見る、歓声が上がる桜まで、岐阜のオススメ桜が勢ぞろい。

あなたはどの桜が見に行きたくなりますか?

1.大垣城【大垣】

水の都の水門川をそよぐ春風にゆられて。

大垣城 水門川 約100本の桜がお出迎え。到着地は「奥の細道むすびの地記念館」大垣城 ライトアップ イベント期間中はライトアップされ夜桜が楽しめる。4月3日は「春の芭蕉祭」が開催、一帯が賑わう大垣城

大垣城のある大垣公園にも約200本の桜が咲く

水の都おおがき舟下り

●期間:3月26日~4月10日(4月3日運休)

●料金:おとな1000円、小学生以下500円(4歳未満乗船不可)

●要予約(1運行8艘・1艘6名まで)

約100本の桜並木を30分かけて観賞

かつて大垣と桑名を結ぶ運河・水門川。市街地を流れ、舟は桜がもっとも美しい約1.1kmのコースを30分かけてゆっくりと下ります。一番の見所は舟下り終盤の船町川湊跡付近。赤色の住吉橋と住吉燈台との桜コラボはここにしかない風景。4月中旬~GWは、たらい舟下りが楽しめます。

【見頃】3月下旬~4月上旬 大垣城

TEL/0584-77-1535(大垣観光協会)

住所/岐阜県大垣市高砂町

運行時間/9時40分~、10時30分~、11時20分~、12時10分~、13時40分~、14時30分~、15時20分~、16時10分~

「大垣城」の詳細はこちら

「水の都おおがき舟下り」の詳細はこちら

2.サトラレ桜【郡上八幡】

映画の名シーンがよみがえる。

サトラレ桜

枝を剪定して映画撮影時よりも小ぶりに。郡上八幡の美景をぜひ

八幡地区は長良川の上流で3つの川が合流し、町中に水路が流れる水の町。その川のひとつ、吉田川の河畔に仲良く並んで植えられているのがサトラレ桜。映画「サトラレ」の名シーンで使われ、いつしかそう呼ばれるようになったそう。桜の下は遊歩道になっていて、郡上八幡城も望む絶景です。

【見頃】3月下旬~4月中旬 サトラレ桜

TEL/0575-67-0002(郡上八幡観光協会)

住所/岐阜県郡上市八幡町今町

アクセス/車:東海北陸道郡上八幡ICより5分

駐車場/近隣有料駐車場あり

3.愛宕公園【郡上八幡】

珍しい古桜「黒染めの桜」が見られる。

愛宕公園

「愛宕公園咲守の会」を地元で結成、大切に保護され続けている

郡上八幡城主お手植えの樹齢400年の黒染めの桜。桜の花弁のまわりが黒いのが特徴で、岐阜県の飛騨・美濃桜33選にも選ばれています。公園は園内に約80本の桜が植えられていて、地元の憩いの花見スポットになっています。開花時期にあわせて地元有志によるライトアップも来園客を和ませます。

【見頃】3月下旬~4月中旬 愛宕公園(あたごこうえん)

TEL/0575-67-0002(郡上八幡観光協会)

住所/岐阜県郡上市八幡町島谷

「愛宕公園」の詳細はこちら

4.樽見鉄道【大垣・本巣、ほか】

ふたつの名所を楽しむ桜ラインへようこそ。

樽見鉄道 旧型客車・オハフ502が保存されている谷汲口駅。桜のトンネルがホームを包み込む樽見鉄道 桜スポット 谷汲口駅と木知原駅の間も桜が満開樽見鉄道 谷汲山華厳寺参道

谷汲山華厳寺は参道沿いにある約300本の桜のトンネルが有名

●料金:大垣駅~樽見駅大人片道920円

●当日購入

谷汲口駅、日当駅は撮影スポットとして賑わう

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。