ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Material Designの中で下部のナビゲーション機能を仕様化 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android 5.0 で導入した最新の UI デザイン方式「Material Design:の仕様の中で、新たに下部のナビゲーション(Bottom Navigation)を定義しました。少し前に行われた Google+ アプリのアップデートで、UI の下部にコレクションやコミュニティ、通知のタブが追加されたと思いますが、このタブは後に Google フォトなどの他の Google アプリにも展開され、実質的には標準の実装方法となっています。この部分を Material Design の仕様として新たに定義したということです。Material Design の仕様になったことで、画面の下部にナビゲーション機能を実装する場合には上図のような形にすることが推奨されることになります。Google は下記のリンク先で仕様の詳細や実装方法を公開しています。Source : Google

■関連記事
Samsung、Galaxy S7 / S7 edgeに実験機能を提供する「Galaxyラボ」を追加
大日本印刷、スマートフォンに向かって話した声で認証を行う声紋認証サービスを開発
Galaxy S7 / S7 edge、Snapdragon 820版よりもExynos 8890版の方が性能は良い

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP