ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大きな少年は父親へ。漫画、CD、高い服…宝物が赤ちゃんの”洗礼”にあって悟りを開く by ムーチョ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

よく言われることですが、僕も例にたがわず、赤ちゃんを自宅に招くことで発生するいろんな”洗礼”を受けました。

好きなアーティストのCDは破壊され、

尊敬する漫画家の漫画本はビリビリに破かれ、

数万円もする高い服はいとも簡単に汚れ、

リビングに置いてあるAV機器は好き放題いじられ…

はじめは収納を工夫したりして抵抗していましたが、そのうちやめました。

ある時、本当に「一生大切持っていよう」と思っていた大切な漫画を破かれたんですね。

まあそもそも、それほど大事な漫画を、子供の手に届くところに置いてあったのが悪いんですけど、つい片付け忘れてしまった時がありまして。

それでハッと気づいたんです。

「なんでこんなものを異様なまでに大切にしてたんだろう」

と。

それ以来、憑き物が落ちたように、物に対するこだわりが無くなっていきました。

自宅に赤ちゃんがくるまで、僕はただ年齢を重ねただけの「大きな少年」だったように思います。

それが別に悪いということではないのですが、赤ちゃんを育てる立場としては、「少年」はあまり適していないんですね、きっと。

今では、当時よりは「父親」になってきたかな?

著者:ムーチョ

年齢:36歳

子どもの年齢:8歳と6歳

東京都在住。元テーマパーク系企業の人事でしたが、体調不良のため退職、その後いろいろあって現在専業主夫をやってます。主夫業の合間に描いた育児漫画ブログが注目され、漫画ブロガーとしても活動中。育児雑誌の連載なども。記事は娘たちが小さい頃の体験談です。

ブログ:カタルエ – 専業主夫の4コマ漫画ブログ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

ムーチョさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

津波の来るかもしれない保育所まで迎えに…パニックになりそうな時ほど落ち着いて!
「もしもの備え」を子どもたちにも伝えていきたい。震災から学んだ我が家の防災ルール
大地震に動揺。抱っこ紐に娘、かばんにおむつ、ツイッターで情報収集しながら避難

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP