ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

産院難民になりかねない!妊娠4ヶ月まで知らなかった、出産予約が激戦という現実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠検査薬での妊娠判明後、自宅の近くの産婦人科でエコーで赤ちゃんの心音が確認されて

「あっ…私妊娠したんだ…赤ちゃんがお腹にいるんだ…」

と嬉しさに包まれながら、やってきたつわりと戦いつつも平和に生活をしていました。

妊娠4カ月に入った時に、通っている産婦人科から

「母子手帳をもらって来てください。それから、もしうちで出産予定であれば予約開始日に予約を入れるようにしてください。最近はすぐに埋まってしまうので…」

というお話がありました。

えぇ!!

今まで診察に来ているのに、予約開始日に予約をしないとお産ができないかもしれないくらい、ここは混み合っているんですか?…

産婦人科って本当に少ないんだ…

里帰りしようか悩んでいたけど、実家の方の産院はどうなんだ?…

頭の中は色々なことでグシャグシャです。

その時点では母子手帳はまだもらっていませんでした。

安定期に近づき、母子手帳をもらった後にゆっくり考えればいいや、と思っていたのに大慌てです。

実家の方で目星をつけていた産院に電話で問い合わせてみると、すでに予定日の頃の予約はいっぱいとのことで受付できないと言われました。

世の中の皆さんは産院が激戦ってご存じなんですね…

産院の予約は赤ちゃんがとっても小さい時から行わないといけないんですね…

産院によって時期はバラバラだと思いますが、随分妊娠初期の段階から予約受付をしているんだなと言うのが印象でした。

結局、私は里帰り出産を諦め、診察で通っていた産婦人科の予約開始日に朝一で行き、無事にお産の予約を入れることができました。

予約ができたとき、妙にホッとしました。

もしもお産できる産院が見つからなかったらどうしようかという不安が大きかったですから。

産院難民になりかねないですよね。

よく考えてみると昔はお産を扱っていた産婦人科が、お産を取り扱うのを辞めて、婦人科になっていたなんていうのを見た覚えがあります。

都心でも地方でも場所によっては産院難民の傾向があるそうです。

安心してお産に臨める産院がなくては困りますから、産院が減らないように行政とかどうにかしてくれたらよいなと思いました。

著者:ももんが

年齢:33歳

子どもの年齢:2歳

育児休暇を利用して職場復帰を果たしたワーキングママです!!仕事と家庭の両立に子どもとの時間を作ることのバランスに自分の体力と何でもかんでも出来るわけではないですが手を抜くところは抜いて日々楽しく過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ゴージャスな病院で産む!伊勢海老にフォアグラの入院食を満喫、気になるお値段は…!? by フクミー
妊娠してる!となれば次は産院探し。サービス充実の個人医院、安心の総合病院、どっち?
「メンタル系の既往歴がある人は当院では分娩できません」 まさかの転院トラブルで、お腹を抱えて産院探し

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP