ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【生放送予告】興行収入3億円突破! エイガ通信スピンオフ ゆるい『キンプリ』座談会

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「キンプリはいいぞ」の口コミにより、3月9日に行われた舞台挨拶では興行収入2.5億を突破したと発表した映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(通称キンプリ)が、なんと3月15日に興行収入3億円を突破! 1週間で0.5億円の増収! 応援上映も追加され、勢い止まらず奇跡を起こし続ける『キンプリ』。

女児向けアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』のスピンオフ映画でありながら、こんなにも幅広い層から反響があることが異例! 上映館も全国に広がり、男女問わずリピーターが増えている『キンプリ』。みなさんもちろん、観ていますよね? 何回観ましたか?

『キンプリ』について語りたい! ということで、ガジェ通恒例の“エイガ通信”のスピンオフとして、“キンプリ座談会”をひっそり実施。通常上映、応援上映それぞれの魅力など掘り下げていきたいと思います。

ニコ生『【エイガ通信】世界一ゆるい『キンプリ』座談会【スピンオフ】』は3月18日(金)20時より放送。友だちに広めたい人、一緒に語りたい人は集まって!

【エイガ通信】世界一ゆるい『キンプリ』座談会【スピンオフ】
2016/03/18(金) 開場:19:57 開演:20:00
【参加者】
司会 二宮係長
non/すえこ/srbn
※今回は石さんはお休みです。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv256224097
※予定がある方はタイムシフト予約でどうぞ。

劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』

<ストーリー>

華々しくデビューを果たしたOver The Rainbow。
ヒロ、コウジ、カヅキは瞬く間に女子のハートを魅了し、一気にプリズム界の頂点に上り詰めた。彼らを目指して、エーデルローズには続々と新入生が入学したが、突如「シュワルツローズ」という対立勢力が現れて、エーデルローズは苦境に立たされる……。そんな時、天才作詞作曲家としてOver The Rainbowを支えてきたコウジにアメリカから映画音楽制作の巨額オファーが舞い込む。4年毎に開催されるプリズムキングカップを翌年に控え、3人の進路は――

エーデルローズ存亡の危機。
残された7人のエーデルローズ生。
シュワルツローズからの刺客。
そして、突然現れた不思議な少年。

“最も女の子の心をトキめかせたスタァ”だけが得られる
プリズムキングになるのは、誰だ!?

<スタッフ>
原作 タカラトミーアーツ/シンソフィア
監督 菱田正和
脚本 青葉 譲
CGディレクター 乙部善弘
キャラクター原案&デザイン 松浦麻衣
プリズムショー演出 京極尚彦
制作 タツノコプロ
配給 エイベックス・ピクチャーズ株式会社
製作 キングオブプリズム製作委員会

<キャスト>
神浜コウジ:柿原徹也
速水ヒロ:前野智昭
仁科カヅキ:増田俊樹
一条シン:寺島惇太
太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬
香賀美タイガ:畠中 祐
十王院カケル:八代 拓
鷹梁ミナト:五十嵐雅
西園寺レオ:永塚拓馬
涼野ユウ:内田雄馬
管理人:浪川大輔
如月ルヰ:蒼井翔太
大和アレクサンダー:武内駿輔
法月仁:三木眞一郎 他

『KING OF PRISM by PrettyRhythm』公式サイト
http://kinpri.com/[リンク]

(c) T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP