ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今日も残業】でも食べても太らない食事法をチェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食事は就寝の3時間前には終わらせるのが、美と健康を保つ基本です。とはいえ、何かと忙しい現代では、残業で夕飯を食べるのは深夜、ということも多いはず。特に年度末を控えたこの時期は、毎日残業続きという方も多いでしょう。そんな時でもキレイを保ちたいなら、夕食の食べ方を変えてみましょう!

深夜の夕食はこんなに危険! その理由は?

深夜に夕食を取ると、就寝までの時間が短くなってしまい、食べたものが消化されない状態で眠りに就くことになってしまいます。本来ならば、就寝時は体を休めて日中の活動で傷ついた細胞の修復を行う時間帯。その時に消化活動が続いていると、ゆっくりと体を休めることができません。それが続けば、疲労が取れず肌荒れの症状が出てしまうのは当然です。食べた物がそのまま体に蓄積されて、肥満の原因にもなってしまいます。もっと怖いのは、夜遅く夕食を食べるのが習慣になってしまうと、食欲を抑制するホルモンのレプチンの分泌が少なくなってしまうことです。満腹感が感じにくくなるため、食べ過ぎによる肥満になりやすくなるのです。

どうしても食事は深夜というときに食べてもいいものは何?

深夜の食事は避けたいものですが、お腹が空いたまま眠りに就くのはちょっとツラいですよね。そんな時は、できるだけ胃に負担をかけないものを食べましょう。

【白米】

炭水化物は比較的消化にいいと言われています。お粥や雑炊にして食べれば、さらに胃への負担を抑えることができます。ただし、ご飯は血糖値を上げやすい特徴もあります。食べすぎれば、血糖値が上がったまま眠ってしまうことに。食べる量は極力減らしましょう。

【低脂質のもの】

脂質は消化に時間がかかり、胃への負担が大きくなります。揚げ物や脂身の多い肉類はもちろんNG。できるだけ低脂質のものを食べましょう。

【野菜スープ】

野菜を柔らかく煮込んだスープなら、消化にもいいし、体のメンテナンスに必要なビタミンやミネラルもたっぷり摂れます。作っている時間がないという方は、お休みの日に作り置きしておくのがおススメです。

深夜の食事をできるだけ減らすために工夫したいこと

残業になりそうなときは、夕方6時~7時ごろ軽い夕食を食べるのがおススメです。お菓子やパンで空腹をしのぐのではなく、おにぎりなどで炭水化物をしっかり摂れば、お腹が落ち着きます。帰宅したら、野菜のスープなど消化によく血糖値を上げないものをごく少量食べます。野菜はできるだけいろいろな種類を使って、シイタケなどのキノコ類なども入れるといいですね。胃への負担が和らぐので、翌日の朝食もしっかり食べることができます。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP