ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【JOTARO SAITO】着物ブランドJOTARO SAITOの2016-2017年のテーマは『GO BEYOND』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

着物ブランド・JOTARO SAITO(ジョウタロウ サイトウ)の2016-2017最新の春夏コレクションが東京・渋谷ヒカリエにて開催され趣通信もご招待頂き、お伺いさせていただきました。

 

2016年-2017年のテーマは『GO BEYOND』

「GO BEYOND」は「変化」というサブテーマが込められており、全てのモノ・コトが新たに更新されていくという斉藤上太郎さんの考える「次の段階」が独特の色と柄の「組み合わせ」により「変化」を表現されたコレクションとなりました。

 


デニム生地やジャージ生地を使った着物や、アルパカを使ったコートなど着物の伝統を残しつつもモダンな雰囲気のスタイリング全42スタイリングが紹介されました。

 

スタイリングの詳細は以下のメディアでご紹介されていますのでぜひご覧ください!

ファッション – Fashion Press

fashionsnap

 

ランウェイの様子(一部)

JOTARO SAITO の2016-17の秋冬コレクションが開催!▶︎詳細はプロフィールをご覧ください。 JOTARO SAITOの新作コレクションに #趣通信 もご招待頂き、取材にお伺いさせて頂きました。 #趣通信 #趣着物 #広がれ趣着物の輪 #着物 #着物コーディネート #着物コーデ #jotarosaito #着物ブランド #着物ショップ #六本木ヒルズ #きもの #2016aw #fashion #kimono #cordinate #MBFWT #wwdjfw #fashionweek #fashionweektokyo #fashionweek2016

趣-omomuki-さん(@omomuki_gram)が投稿した動画 – 2016 3月 16 4:05午前 PDT

 

2016-2017 JOTARO SAITOの最新コレクションアイテムの展示販売会が早速開催

そして早速3月17日からは、2016-2017 JOTARO SAITOの最新コレクション「GO BEYOND」の全てのアイテムが東京・六本木ヒルズにある絹磨×JOTARO SAITO六本木ヒルズ店にてご覧いただける特別内覧会が開催されます。実際にコレクションで発表された新作着物や帯・小物など独特の色と柄で「組み合わせ」たコレクションの数々を実際に手に取り、羽織ることができます!

 

2016-2017 JOTARO SAITO最新コレクション展

日時:2016年3月17日(木)~27日(日) 11:00~21:00
場所:絹磨×JOTARO SAITO 六本木ヒルズ店
下記期間中は、デザイナーの斉藤上太郎さんが来店されます。
来店日:17日(木)~21日(祝・月)
※店内スペースの都合上、当展示会はご予約優先となるため、
ご予約は下記のお電話、もしくはメールにてご予約ください。
お問い合わせ・ご予約:
Tel 03-3796-1011 E-mail kenma@jotaro.net

 

JOTARO SAITO(斉藤 上太郎)について

JOTARO SAITO(斉藤 上太郎)は、京都府出身。祖父に染色作家の故斉藤才三郎、父に現代キモノ作家・斉藤三才を持ち、日本近代染色作家の礎を築いてきた家系に生まれる。
1996年、27歳の最年少でキモノ作家としてデビューし、1997年、第一回「JOTARO SAITO/個展」を開催。2002年より東京コレクションで毎年作品を発表している。
また、「和を楽しむライフスタイル」を提唱し、日本の伝統技術を用いて、キモノのみならず、
プロダクトやインテリアの制作まで多方面に渡って活躍。

2009年、初の直営路面店『絹磨×JOTARO SAITO(ケンマ バイ ジョウタロウ サイトウ)」を六本木けやき坂にオープン。

http://www.jotaro.net/

 

公式インスタグラムで皆さんの#趣着物をご紹介♪

趣通信の公式インスタグラムでも皆さんから投稿頂いた「#趣着物」を中心に着物コーディネートや帯結び、ヘアアレンジなど参考にしたい素敵なお写真をご紹介しております。

趣通信の公式インスタグラムをアプリで見る→アプリ

趣通信の公式インスタグラムをサイトで見る→サイト

▼過去の#趣着物のご紹介記事は以下よりご覧ください
皆さんから投稿頂きました #趣着物 のコーディネートをご紹介!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP