ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

保存版!誰にでも喜ばれるポーランドのおすすめお土産20選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Shohei Watanabe「EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所」

こんにちは! Compathy Magazineライターのkomiです。
中央ヨーロッパにある国・ポーランドには可愛らしいパステルカラーの街並みや、静かな時を過ごせる教会など素敵な場所がたくさんあります。そして旅行の醍醐味といえば、やっぱりお土産ですよね。あの人にはどんなものをあげたら喜ぶかな? なんて考えるとわくわくします。
今回は、ポーランドを訪れたら絶対に買いたい定番のお土産をご紹介します。おいしいチーズや蜂蜜、可愛らしい雑貨が登場するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. ヴィチナンキ柄のグッズ

出典:rupola

ヴィチナンキとは、18世紀から続くポーランド伝統の切り絵です。動物の皮を切り抜いて、カーテンなどに利用したのが始まりだと言われています。現在では、ヴィチナンキ柄の傘などいろいろなグッズが販売され、観光客から高い人気を得ています。
ヴィチナンキの柄が印刷されたカレンダーは約500円、コースターも6枚セットで約600円ほどとお手頃価格なのが嬉しいですね。

2. ボンプカ

​English Wikipedia user KamrynsMom [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

ポーランドのクリスマスツリーには欠かせない、可愛らしい丸い飾りです。伝統的な模様が描かれているものから、豪華な装飾が施されているものまでさまざまです。ツリーに飾るだけでなく、テーブルなどにインテリア小物として置いておくと部屋に色どりを添えてくれますよ。

3. ザコパネの手作りスリッパ

出典:SAKAMOTO-YA Blue Art

タトラ山脈の麓に位置するポーランド有数の避暑地、ザコパネで作られているスリッパです。1つ1つ心を込めて、手作業で刺繍されています。色や模様、サイズもいろいろあるので、自分にぴったりのスリッパが見つかりますよ。大切な人とお揃いで購入しても素敵ですね。

4. 木彫り装飾の箱

出典:amazon

繊細で、可愛らしい模様が彫り込まれている木箱です。色合いや模様がさまざまで、見ているだけで幸せになれますよ。大事に使い込んでいくと色に深みが出て、趣ある逸品に変化していくのも魅力です。
お土産屋さんにたくさん並んでいるので、ぜひ自分好みの木箱を探してみてくださいね。

5. ボレスワヴィエツの陶器

出典:amazon

ポーランド南西部にあるボレスワヴィエツは、陶器の町として有名です。ポーランドの名産品にもなっているこちらの陶器は群青を基調にした色合いが特徴的で、可愛らしいデザインが乙女心をくすぐります。
キュートなボレスワヴィエツのポットや食器を使えば、毎日がもっと楽しくなりますよ!

6. 刺繍の小物

ポーランド伝統の刺繍は地域によって色合いや模様が違い、それぞれに特徴があります。ポーランド北部カシューブにはチューリップをメインにしたデザインが多く伝わっており、赤は愛の色、緑は森・・・など1つ1つの色に意味が込められています。
刺繍のされているハンカチやアクセサリーなどの小物は価格が安いので、お土産におすすめですよ。ポーランドらしさも伝わります。

7. ピサンキ


“Kistka-brush 11″ (CC) by  oskay 

スラブ地域に住む、カトリック教徒の人々が作るイースターエッグです。卵の中身を出し、殻にいろいろな模様を描きます。完成したピサンキは、カラフルでとても可愛らしいですよ。
繊細で幾何学的な模様を見ていると、うっとりとしてしまいます。いろいろな色や模様を吟味して、自分だけの特別なピサンキを見つけましょう!

8. チーズ

Photo credit: Pawel Swiegoda (Paberu) (Pawel Swiegoda (Paberu)) [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons

農業が発展しているポーランドは、質の良い畜産物が安価で手に入ります。とくにチーズの人気が高く、スーパーなどにも豊富な種類が並んでいます。
日本でもよく食べられているカマンベールやゴーダはもちろん、ヤギのチーズやアニメなどでよく見かける穴の開いたエメンタールチーズなども置いています。日本で買うと、少々値が張るチーズも安く購入できますよ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP