ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三代目JSB「ワッツイン」4月号表紙・巻頭に登場、今市・登坂のインタビュー&新アルバム全曲解説も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月14日に発売された『ワッツイン』4月号に、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのメンバーが、全員揃った形で表紙巻頭を飾った。

巻頭では、「お客さんが来てくださらないことにはドーム・ツアーを実現できなかったので、僕たちの夢を叶えさせてくれてありがとうございます」とファンへの感謝の想いとともに、「個性が全然違う7人が集まっているのにすごくバランスが取れているし、本当に仲がいいな、これが自分たちの強みなんだな」と仲間の大切さを語る今市隆二。そして「日本の音楽シーンで、最先端に挑み続ける」と今後の意気込みを力強く語る登坂広臣のボーカルふたりによるソロ・インタビューと、3月30日にリリースされるアルバム「THE JSB LEGACY」の全曲解説を掲載している。

また、メンバー全員の撮り下ろし写真では、彼らのイメージ・カラーである青色の背景からひとつの光が差し込む凜々しい姿と、ナチュラルで優しい表情がページいっぱいに写るソロ・カットの2パターンの姿が見られるスペシャル・ボリュームとなっている。

3年半ぶりにアルバム「EGG」をリリースするflumpool。今作では、今まで見せてこなかった“裏側”をさらけ出しているということから、“二面性”をテーマにボーカルの山村隆太にソロ・インタビューを敢行。自分の二面性を感じた過去のエピソードや、サバサバしてそうで実は嫉妬深い人が好きなど、意外な暴露トークも掲載。

また、メンバーでいちばん二面性を感じるメンバーを聞かれると「二面性というか、多面性?ヤバイですよ(笑)。多重人格かと思うぐらい、人によって極端に態度を変えるんです」と語る場面も。

メジャー・デビューして10周年となる3月15日にベスト・アルバムを発表するいきものがかりは、これまでのグループの歴史を3人で振り返る。そのなかで水野良樹は、デビュー前に「気持ちは前に進もうとしているのに何も動けないことがすごくつらい時期があった」ことや、シングル「ありがとう」のヒット以降、「いきものがかりを知ってくれた人が多くなったことで、それまでとは違う責任感を感じるようになった」と心の変遷を吐露し、「どんな状況であれ、自分たちは曲を作り続けることをあきらめるわけにはいかない」と強い覚悟を語っている。

そのほか、NICO Touches the Walls、HY、DOBERMAN INFINITYのインタビュー、BIGBANG、VAMPS、BUMP OF CHICKENのライブ・レポートなどボリューム満載の内容でお届けする。

書籍情報
『ワッツイン』3月号
2016年3月14日(月)発売
1,200円(税込)
A5、無線綴じ、並製、196ページ
ウェブサイト:http://www.whatsin.jp/
M-ON! BOOKS:http://www.m-on-books.jp/

関連リンク

『ワッツイン』ウェブサイトhttp://www.whatsin.jp/
M-ON! BOOKShttp://www.m-on-books.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP