ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3/21付ビルボードジャパンチャートおよび3/7~3/13 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による3月21日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年3月7日〜3月13日)および2016年3月7日〜3月13日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

AKB48「君はメロディー」、141.8万枚を売り上げ、ビルボード総合首位

AKB48の10周年記念シングルとなり、卒業メンバーも参加して話題を呼んでいる「君はメロディー」。11形態で発売されたシングルの売上は総計141.8万枚をマークし、他楽曲に圧倒的なセールス差を付けて総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。母数が格段に大きいこともあるが、PCでの読取回数データであるルックアップでも2位の嵐「復活LOVE」に大差で1位となる以外に、ダウンロード9位、Twitter3位、ラジオ14位と、シングル・セールス以外のデータ指標でも高ポイントを獲得しており、文句なしの総合首位だ。

シングル・セールスで約5万枚を売り上げたカントリー・ガールズ「ブギウギLOVE」は、ラジオ、シングル、ルックアップ、Twitter、動画再生でバランス良くポイントを上げたaiko「もっと」にセールス差を逆転され、総合3位に留まった。一方のaiko「もっと」は、先週に比べ、ラジオでは6→2位、Twitter22→7位など、シングル発売に合せて増えた露出効果によって、合計ポイントを大きく上げている。

3月30日にシングル発売となる三代目の新曲「Feel So Alive」が、早くもTwitterと動画再生で1位となり、総合7位に初登場した。特に国内動画再生回数は230万回を超え、先週まで動画1位を守っていたBIGBANG「BANG BANG BANG」に大差を付けてトップとなっている。

この時期の定番曲、レミオロメン「3月9日」は、例年通りラジオ3位、Twitter2位と、変わらぬ強さを見せ、並みいる新曲を押さえ総合5位となった。ダウンロード、ストリーミングでもそれぞれ10位と、この楽曲を購入、または聴取するユーザーも引き続き多く、今後もこの安定傾向が続くと思われる。

ブルエン「ガンダム」曲がビルボードアニメチャートで初登場1位に SKE48「プリパラ」曲も既に話題に

今週のビルボードアニメチャート、1位になったのはBLUE ENCOUNTの「Survivor」。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オープニング曲である同曲は3月9日に発売。CDセールス単独では今週2位のμ’s『MOMENT RING』に首位を譲ったが、デジタルセールスでダントツの1位を獲得し逆転。さらにラジオ 3位、ルックアップ 2位、Twitter 2位とバランス良くポイントを積み上げ、盤石のアニメチャート制覇となった。ライト層への拡がりを感じさせる勢いを今後どこまで継続できるのか、注目だ。

今週2位は前述のμ’s『MOMENT RING』。発売2週目でもCDセールスが好調。さらにTwitterも3位と健闘しており、『ラブライブ!』初の人気グループがさすがの貫禄を見せている。そんな中、Twitter単独で1位を獲得したのがSKE48「チキンLINE」。映画『プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』の主題歌である同曲は、CDの発売は3月30日とまだ先ながら、ラジオとTwitterのポイントのみで今週14位に食い込んだ強力な一曲だ。

その他、今週は注目の新曲のリリースが少なく、ロングヒットものが多くチャートイン。秦 基博、UNISON SQUARE GARDEN、A応Pと、定番ものの他、GENERATIONS from EXILE TRIBE「Hard Knock Days」、MAN WITH A MISSION「Raise your flag」、AI「Story」が久々にチャートに返り咲いている。特に、GENERATIONSとMWAMの2曲はYoutubeでの反応が良く、それがデジタルセールス後押しする形となっており、短期的なプロモーション目的だけでなく長期的にも、Youtube等、リスナーがリーチし易い場所にコンテンツを配することが有効だと分かる。

シーア 話題沸騰中の土屋太鳳コラボMV公開で「アライヴ」が洋楽チャート初の首位に

シーアの「アライヴ」が日本版のミュージック・ビデオの公開を受け、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”で初の首位に輝いた。

チャートイン6週目にしてシーアが1位に輝いた要因は、3月6日に公開された、ダンサー土屋太鳳が出演する同曲の日本版ミュージック・ビデオ。今回初めて土屋太鳳が本格的なコンテンポラリー・ダンスを披露し、楽曲に込められた心情や世界観を巧みに表現した今作は、SNS上で大きな話題となり、1日で100万回再生を記録。これを受け、Twitterポイント、動画再生回数とともにデジタル・セールスが再熱し、2位のリアーナに大きな差をつけ、初の1位を獲得する結果となった。

先週5位から13位にランクアップしたのは、グウェン・ステファニーの「メイク・ミー・ライク・ユー」。現在来日中の彼女だが、3月18日にはこの曲が収録された約10年ぶりのソロ・アルバムがリリースされることもあり、来週はさらに順位を上げてくることが予想される。そして『奇跡体験!アンビリバボー』に起用されたことでベット・ミドラーの「ローズ」が7位にチャートイン、TOP20圏内初エントリーとなった。やはりTVの影響力は大きく、エアプレイや動画再生回数では0ポイントなのにもかかわらず、デジタル・セールスとストリーミング・ポイントが一気に上昇してのランクインとなった。

10位には、ラプスリーの「ハート・ミー」が初登場。デビュー作『ロング・ウェイ・ホーム』の3月4日リリースを受け、エアプレイ・チャートで大幅にランクアップし、洋楽チャート初登場となった。本日最新作をリリースしたアンダーワールドの「イフ・ラー」は17位に初登場。『ミュージックステーション』出演や渋谷パルコでのパフォーマンスが話題となり、Twitterポイントに加え、今週エアプレイ・チャートでも大量にポイントを稼いでいる。

text:yokano

2016年3月21日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
63
君はメロディー
AKB48
K
20160309
4
2
59
もっと
aiko
PC
20160309
6
3

ブギウギLOVE
カントリー・ガールズ
UFW
20160309
1
4
14
No more
EXILE ATSUSHI + AI
RZN
20160309
2
5
49
3月9日
レミオロメン
AVT
20090309
20
6

Survivor
BLUE ENCOUNT
KMU
20160309
1
7

Feel So Alive
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
RZN
20160330
3
8
4
明日への手紙
手嶌葵
V
20160210
8
9
64
Always coming back
ONE OK ROCK
ASI
20160311
2
10
3
復活LOVE

JST
20160224
6
11

さくらのうた
高橋優
WMJ
20160309
1
12

マシュマロ
アルスマグナ
UJ
20160309
1
13
11
PERFECT HUMAN
RADIO FISH
RAC
20160525
4
14
1
UNLOCK
KAT-TUN
JST
20160302
3
15
9
Wherever you are
ONE OK ROCK
ASI
20100609
13
16
2
MOMENT RING
μ’s
LA
20160302
2
17
54
MONSTER WORLD
HOWL BE QUIET
PC
20160309
2
18
20
QUARTETTO
NEWS
JE
20160309
2
19
37
AGEHA
GENERATIONS from EXILE TRIBE
RZN
20160127
10
20
17
トリセツ
西野カナ
SMER
20150909
30

2016年3月21日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1

Survivor
BLUE ENCOUNT
KMU
20160309
1
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
2
1
MOMENT RING
μ’s
LA
20160302
2
(声優)
3
2
FLY HIGH!!
BURNOUT SYNDROMES
ERJ
20160302
2
MXTV他「ハイキュー!! セカンドシーズン」オープニング
4
5
空へ
山崎まさよし
EMI
20160302
2
映画「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」主題歌
5
11
ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
82
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌
6
7
全力バタンキュー
A応P
SMC
20160210
8
TX系「おそ松さん」オープニング
7
3
KNOW KNOW KNOW
DOES
KMU
20160302
3
TX系「銀魂°」オープニング
8
10
それは小さな光のような
さユり
AOJ
20160224
3
CX系「僕だけがいない街」エンディング
9
15
夜は眠れるかい?
flumpool
ASI
20160210
9
TBS系「亜人」オープニング
10
16
はなまるぴっぴはよいこだけ
A応P
SMC
20151111
18
TX系「おそ松さん」オープニング
11
17
シュガーソングとビターステップ
UNISON SQUARE GARDEN
TF
20150520
41
MXTV他「血界戦線」エンディング
12
20
Re:Re:
ASIAN KUNG-FU GENERATION
KMU
20160316
3
CX系「僕だけがいない街」オープニング
13
18
RPG
SEKAI NO OWARI
TF
20130501
113
映画「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」主題歌
14

チキンLINE
SKE48
AVT
20160330
1
映画「プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」主題歌
15
14
あっちむいて
Swimy
AOJ
20160302
2
TX系「銀魂°」エンディング
16


稲葉浩志
VR
20160113
9
NTV系「名探偵コナン」オープニング
17

Hard Knock Days
GENERATIONS from EXILE TRIBE
RZN
20150812
12
CX系「ONE PIECE」主題歌
18

Raise your flag
MAN WITH A MISSION
SMR
20151014
19
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
19

Story
AI
EMI
20050518
24
映画「ベイマックス」より
20

運命のCoda
羽多野渉
AVT
20160309
1
(声優)

2016年3月21日付 Billboard Japan 国内洋楽

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
7
アライヴ
シーア
SMJI
20160203
6
2
2
ワーク feat.ドレイク
リアーナ
UI
20160210
6
3
4
ソーリー
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
20
4
5
ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
28
5
13
メイク・ミー・ライク・ユー
グウェン・ステファニー
UI
20160318
2
6
1
ザ・サウンド
The 1975
UI
20160226
3
7

ローズ
ベット・ミドラー
WMJ
20160210
1
8
3
シー・ユー・アゲイン
ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
WMJ
20150408
48
9
18
キャント・フィール・マイ・フェイス
ウィークエンド
UI
20160316
17
10

ハート・ミー
ラプスリー
HSE
20160304
1
11
8
ラヴ・ユアセルフ
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
9
12
6
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
マーク・ロンソン
SMJI
20150304
58
13
9
シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!
テイラー・スウィフト
UI
20141029
81
14
10
ホエア・ザ・ライト・ゲッツ・イン
プライマル・スクリーム
SMJI
20160316
4
15
16
ピロウトーク
ゼイン
SMJI
20160325
5
16
19
キャンディーマン
ゼッド & アロー・ブラック
UI
20160226
2
17

イフ・ラー
アンダーワールド

20160316
1
18
20
アイ・リアリー・ライク・ユー
カーリー・レイ・ジェプセン
UI
20150624
51
19
17
シュガー
マルーン5
UI
20140903
59
20
15
私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない
テイラー・スウィフト
UI
20121024
124

RADIO ON AIR DATA 3/7〜3/13 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1
MONSTER WORLD
HOWL BE QUIET
2
もっと
aiko
3
ありがとう〜旅立ちの声〜
ベリーグッドマン
4
さくらのうた
高橋 優
5
3月9日
レミオロメン

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard-Japan.com:http://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP