ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたも当てはまる?「話の面白くない人」4つのタイプ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「つまらない話」を聞き続けるのって、しんどいですよね。

でも、あなたの話も友達から「つまらない話だなぁ…」と思われているかもしれませんよ?

今日は本『イラスト版 話のおもしろい人、つまらない人』から、「話の面白くない人」の4つのタイプを紹介します。

あなたも、当てはまっていませんか…?

1.空気が読めない「鈍感人間」タイプ


・周りがシラケていても気づかず、つまらない話を長々とし続ける
・誰かの話がせっかく盛り上がっているのに、「俺はさ〜」と違う話をし始める

などがこれに当てはまります。

楽しく会話をしながらも、時々冷静に周りを見られると良いですね。

2.自慢話だらけの「ナルシスト」タイプ


自慢話が喜ばれることは、基本的にありません。

やめておいたほうが良いのでしょう。

ただ、どうしても話したい場合は、最後に悪い話で落とすのがコツ。

例えばこんなふうに。
「バイト先の子にまた告白されちゃったよ。同じ日に財布落としたけどな」

「ヴィトンのバッグ買った!いいでしょー!普段はカップラーメンばっかり食べて節約してるけどね」

3.人の話を聞かない「馬耳東風」タイプ


相手の話が終わっていないのに自分の話をし始めたり、一人でずっとしゃべり続けるタイプです。

多くの人が実は「自分が話したい」願望を持っています。

つまり、みんな「話を聞いてほしい」のです。

人に好かれたければ、話すより聞くほうが良いですよ。

4.気を滅入らせる「ネガティブ」タイプ


何を言っても、ネガティブな答えで周囲の人の気を滅入らせるタイプ。

映画に誘うと「どうせ混んでるよね」

飲みに誘うと「でもお金ないし」

お気に入りのマンガを紹介すると「興味ない」

周りの人の気持ちを一気に不快にするので、嫌われてしまいます。

まとめ

「こういう人、いるよねー」

「あ…私これに当てはまってるかも…」

など、何か感じるものがあったのではないでしょうか。

「話の面白い人」になるのは難しくても、「話のつまらない人」になることは避けたいですね…。

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP