ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今度は”生シャンプー”!新レヴール フレッシュールは酸化を防ぐ真空容器

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ヘアケアブランドのレヴールが3月3日、生シャンプー&生トリートメントを扱う新ライン「レヴール フレッシュール」の新製品発表会を行いました。

レヴールは1.5秒に1本売れているという、人気のノンシリコンシャンプー。今年、レヴールから“生シャンプー”なるものが誕生するという噂は、美容業界の中では密かに話題になっていました。いよいよ、その全貌が明らかになります。現物はこちら!

レヴール フレッシュール シャンプー&トリートメント 2016年4月10日発売
左から
・(緑)レヴール フレッシュール リペア シャンプー、同トリートメント ディスペンサーセット 340mL 各¥980(税抜)
・(紫)レヴール フレッシュール モイスト シャンプー、同トリートメント ディスペンサーセット 340mL 各¥980(税抜)
・(赤)レヴール フレッシュール スカルプ シャンプー、同トリートメント ディスペンサーセット 340mL 各¥980(税抜)
シャンプー、トリートメント単品 340mL ¥780(税抜)

レヴールの発売元・株式会社ジャパン ゲートウェイによると、従来のノンシリコンシャンプーは他社製品を含め類似品が多く、シャンプーの質を上げることに限界を感じた開発チームとしては、新製品に劇的な変化を加えたいと試行錯誤を繰り返していたそう。
そこで今回”生シャンプー”という劇的な変化を果たしたきっかけは、同社代表・堀井昭一氏の「花屋へ行ったときに香るフレッシュな花の香り。合成成分ではつくれないあの香りを、シャンプーで再現できないか」という提案。

しかし、実際に開発しようとすると、シャンプーやトリートメント剤でフレッシュな香りを保つのは難しく、さらに髪や頭皮に優れた効果のある植物オイルやビタミン、アミノ酸といった成分は品質が劣化(酸化)しやすい、という問題が生まれました。リンゴの皮を剥くと徐々に変色するように、シャンプーも開封の瞬間から劣化が始まるのは避けられません。

そこで、フレッシュな生花の香りを生かす&髪への栄養分を高品質な状態に保つためには「酸化させない」ことが最重要だと発見した開発チーム。3年間かけて、世界初の酸化を防ぐ真空容器が完成させました!

レヴール フレッシュールの真空容器は、生花のようなフレッシュな香りを閉じ込めるだけでなく、シャンプーの新境地ともいえるオイル1%配合が可能。近年、髪にツヤや潤いを与える成分としてアルガンオイルやローズヒップオイルといった植物オイルが人気ですが、これらは酸化しやすく、酸化すると刺激性が出たり悪臭を放つという特徴があります。ところが、レヴール フレッシュールは植物オイルの効果が十分期待できる1%以上の配合に成功。さらに生花のエッセンス、天然花はちみつ、ビタミン、アミノ酸などの成分も加え、開発者の長年の夢を真空容器をいう形で具現化、鮮度が続く“生シャンプー”が誕生しました。

真空容器のポイント1:充鎮時における外気の侵入を防ぐ

レヴール フレッシュールでは、ディスペンサーとシャンプー本体のパックが別々の構造です。ディスペンサーのポンプ部分は取り外しできるため、充填時にはまずシャンプー本体をディスペンサーへはめ込み、次にポンプを挿すと、開封時に外気に触れていない状態のシャンプーを楽しめます。

真空容器のポイント2:保管時における外気の侵入を防ぐ

レヴール フレッシュールのシャンプーとトリートメント本体パックには、空気を通さないアルミ層入りフィルムを採用。これにより劣化を気にせず、どこでも保管が可能に。

発表会の最後に、”生シャンプー”の香りを体験しました!

「香りが強い!」まずそう感じました。冒頭の説明で聞いた”花屋に入った瞬間のようなフレッシュさ”にこだわったというのも頷けます。そして、少量でもすごく香り立ちがよいことに驚きました。

会場ではCMも放映されました。出演は、前半は作家・本谷有希子氏、後半は書家・涼風花氏。

さて、後日このレヴール フレッシュール リペア シャンプー&トリートメントを使用してみました!
シャンプーは、まるではちみつのようにトロトロ~~というテクスチャーが印象的。そしてシャンプー&トリートメントを終えてドライヤーで乾かす際には、いつもなら乾くごとにパサついていく髪がいつまでもしっとり!乾かし終えると、普段よりボリュームダウンしたようなまとまりのある髪になりました。私は元々量が多く扱いにくい髪質なので、これはうれしかったです。
肝心の香りもシャンプー後2日ぐらい持続するし、気分上々のバスタイムで、これはシャンプー&トリートメントの常識を覆すような使用感だなと感じました。4月の一般発売の反応がとても楽しみな商品です♡

問い合わせ/ジャパン ゲートウェイ 03-5545-0661

Brand/Reveur Fraicheur
Place/Japan Gateway
Date/2016.2.10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
tokilaの記事一覧をみる ▶
tokila

記者:

20~30代向けの美容情報サイト、tokila(トキラ)。 現場取材と実践をモットーとして美容の最前線をお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP