ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気コミック「3月のライオン」が実写映画化! 主演・神木隆之介で2017年2部作公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本で今最も映像化が待ち望まれている漫画「3月のライオン」の実写映画が、2017年に前編・後編の2部作で公開されることが決まった。

原作は、「ハチミツとクローバー」などを描き、多くの女性から共感と絶大な支持を得ている人気漫画家・羽海野チカによる青春将棋マンガ。将棋を描いたマンガながら大きな注目を集め、数々の漫画賞を総なめにし、男女問わず幅広い世代から圧倒的な人気を獲得している。

今作でメガホンを取るのは、「るろうに剣心」「プラチナデータ」など数々のヒット作を生み出している大友啓史監督。そして、主人公の桐山零を、現在人気・実力ともに若手No.1俳優との呼び声高い神木隆之介が演じる。今回主演に選ばれたことに対して「『3月のライオン』は元々大好きな原作なので、お話を頂いた時は本当に嬉しかったです。」とコメント。さらに、大友監督と神木は、「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」以来、約2年ぶりのタッグということもあり、早くも期待を集めている。

【STORY】
中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、東京の下町にひとりで暮らす17歳の棋士、桐山 零(きりやま れい)。彼は、幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、孤独を抱え、来る日も来る日も、すがりつくように将棋を指し続けた。そんなある日、零は同じ下町に住む三姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会う。それは、将棋盤以外の“自分の居場所”との出会いでもあった…。激しい才能と激情がうごめく棋士たちの生きる将棋の世界と、陽だまりのような川本家の食卓。数々の対局とあたたかな人々との交流を通じ、零は棋士として、人として、ある覚悟を決めていく――。

今後、主役を演じる神木に加え、日本を代表するキャストが総結集予定。期待して続報を待とう!

■映画「3月のライオン」
公開日:2017年【前編】【後編】2部作・全国ロードショー
監督:大友啓史
主演:神木隆之介
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)

映画「3月のライオン」 公式サイト
3lion-movie.com

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP