ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【本当は教えたくない!】そっと静かにひと休み。飯田橋の他にはない大人の隠れ家3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

忙しく行き交う人々をよそに、小さくとも静かで本来の自分に戻れる場所。著名人のなかにはそんな隠れ家にも似たスペースを持ち、本を読んだり創作に耽ったりと、心の充足を図り英気を養う人も居るとか。うらやましい限りですね。今回はそんな”隠れ家”にスポットを当て、何かと忙しい日常を離れ、都会のなかでほっとひと息つけるお店を見つけてみましょう。エリアは飯田橋。路地裏の小さなお店、ビルの合間のバー……。大都会の真ん中で、どんな大人の隠れ家を探し出せるのでしょうか。自分だけのスペース、ぜひ探し出してみましょう。

小さな空間に広がる自分だけの宇宙。どこまでもまろやかな暖かみを感じるダイニングバー

【marugame】仏産ワインへの熱いこだわり

表通りから裏手へ。静かな裏通りにひっそりと佇むそのお店は、木質のフローリング、そしてダウンライトの仄かな光によって、実に暖かな雰囲気を湛えています。明治から昭和に至るアンティークの和食器がモダンな店のしつらえにもよく似合い、色鮮やかに料理を引き立てます。仏産ワイン&シャンパーニュの確かなコレクションと、和総菜との出会いを楽しみに通いたいお店です。

ボトルの列を眺めるだけでも満足。ブルゴーニュ産ワインがたっぷりそろいます。

料理を引き立てるアンティークの器。クラシカルな面持ちが暖かみを添えています。

こぢんまりとした空間。小さいことがこれ程良いものかと再認識。

marugame

佇まいに落ち着きを。料理に自由さを。和洋折衷の良さを改めて見直す隠れ家の一軒

【トキオカ】心からくつろげることが隠れ家たる所以

入り口に掛かる照明看板に刻まれる店の名。その文字と文字との置かれた間隔に、このお店のテンポさえも感じる、落ち着きと間合いとが期待を高めてくれます。料理は和洋取り混ぜた、気取らないもの。素材を活かし馴染み深い料理へと昇華するからこそ、心からくつろげる空間が生まれる〜そんな料理人の心遣いさえも聞こえてきそうです。

お酒をメインに据えて、さまざまな楽しみを広げましょう。

「マグロと春菊の韓国風」制約されない自由さが和洋折衷の良いところ。

凝ったしつらえも所々に。こちらはテーブル席。

トキオカ(http://www.hotpepper.jp/strJ000044411/)

手のひらにしまいたい本格ビストロ。濃縮されたこだわりを感じるフレンチレストラン

【bisous神楽坂】80種もの国産ワインとフレンチの組合せ

見上げなければ見つからない、階上の隠れ家。ほんの少しステップを踏むだけで、いつもの景色が一変する空間がそこにあります。フレンチは実は野菜をふんだんに使う料理であり、こちらのお店でも新鮮な素材を吟味して、ひとつのプレートを仕上げています。新たな出会いとしては国産ワインへのこだわりとその豊富なコレクション。通い詰めて試してみたいお店です。

フォワグラのパイ包みのひと品。この盛り付けも訪れる楽しみ。

小さくかわいいカウンター。このスペース感が程よい。

まさに階上の隠れ家。街と一体となる大きな開口に注目。

bisous神楽坂(http://www.hotpepper.jp/strJ001117901/)

いかがでしたでしょうか。個々それぞれに居心地の良さを感じますが、突き詰められたこだわりもまた、見て取ることができます。気持ちを整理する上で、静かな場所で過ごすことは大切ですが、物事に共感することも重要だとか。オーナーのこだわりに触れて共感する。また居合わせた人とともに時間を共有できること、それ自体もまた癒やしの共感なのかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

【北千住】女子にうれしい!カクテル&デザートが充実の居酒屋3選
たまにはバーで過ごすおしゃれな夜を。五反田エリアでおすすめのお店3選
【池袋】ちょっと記憶に残る歓送迎会を個室でひらける居酒屋3選

HOT PEPPER グルメ WEBマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP