体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シシド・カフカ、ニューアルバムに亀田誠治ら豪華プロデューサー参加

エンタメ

シシド・カフカの約2年7ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム『トリドリ』の発売が4月27日に決定した。
シシド・カフカ (okmusic UP's)
斉藤和義や甲本ヒロトら豪華ミュージシャンとセッションした前作『K5(Kの累乗)』に続き、今作はプロデューサー陣とのセッションアルバムに挑戦。大島賢治、大西省吾、奥野真哉、織田哲郎、亀田誠治、蔦谷好位置、平出悟、K.MASAKI(moumoon)、松本晃彦※ら今の音楽業界を彩る豪華プロデューサー陣を迎え、“ドラムボーカル”を軸とし、“ライヴ”を意識したカフカ流ロックチューン全快のアルバムに仕上がっている。

このアルバムの完成にあたりシシド・カフカは 「2年7ヶ月ぶりのオリジナルアルバム。“K5(Kの累乗)”で学んだ『脱力』をテーマに、沢山の方々に御力を貸して頂きながら、私なりに体現しました。作品達は“ライブ”を念頭に置いての制作。皆さんと共有出来る時が楽しみです。歌にもドラムにも、今現在の、等身大のシシド・カフカが詰まっています。盛り沢山な1枚を。トリドリなシシド・カフカを。是非御堪能ください」と語っている。

CDには前作にも収録されたヒット曲「Don’t be love feat.斉藤和義」と「バネのうた- feat.甲本ヒロト」を含む全13曲を収録。また初回限定生産となるBlu-ray商品には、新曲2曲のMVと去年9月にZepp Tokyoで行われたワンマンライヴ『ミディアム・レア』の模様を約90分、豪華に収録した商品ラインナップになっている。

また2016年5月からは、このアルバムを引っさげた全国9カ所9公演のライヴツアーもスタートするということなので、気になる方はぜひそちらもチェックしてほしい。

※K5はKの上に数字の5が正式表記

アルバム『トリドリ』
2016年4月27日発売

【CD+Blu-ray】※初回限定生産

AVCD-93430/B/¥5,800+税

【CD+DVD】

AVCD-93431/B/¥3,800+税

【CD ONLY】

AVCD-93432/¥3,000+税

<収録曲>

■CD

1:Obertura

松本晃彦プロデュース楽曲

2:Get up!

蔦谷好位置プロデュース楽曲

3:さようなら あたし

亀田誠治プロデュース楽曲

4:朝までsugar me

奥野真哉プロデュース楽曲

5:crying

織田哲郎プロデュース楽曲

※NHK プレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」主題歌

6:Don’t be love feat.斉藤和義

斉藤和義プロデュース楽曲

※フジテレビ系ドラマ木曜劇場「医師たちの恋愛事情」主題歌

7:明日を鳴らせ

平出悟プロデュース楽曲

※テレビ東京系アニメ「フェアリーテイル」オープニングテーマ

8:Spider trap

奥野真哉プロデュース楽曲

9:ROLLING ROLLING

大島賢治プロデュース楽曲

10:特別な人

K.MASAKI (moumoon)プロデュース楽曲

11:バネのうた- feat.甲本ヒロト

大島賢治プロデュース楽曲

12:最低な夜のあと

大西省吾プロデュース楽曲

13:春の約束

亀田誠治プロデュース楽曲

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会